すみっこから

身も心も小綺麗な生き方を目指す雑記

MENU

【断捨離のコツ】初心者は3ステップに別けて実行するべし!一気に捨てると後悔するぞ!


 

連休中ということもあり、断捨離をしようと考えてる人も多いのではないでしょうか。

 

でもちょっと待って。

 

はいストップ!ストーップ!!

 

断捨離は物理的にも精神的にもスッキリするとても素晴らしい行為ですが、取り返しがつかなくなって後悔することもあるんです。

 

 

はい、そうです。

僕はただいま絶賛後悔中なんです。

 

 

特に断捨離に慣れていない初心者の方はお気をつけてくださいね。

 

勢いのままに一気に捨ててしまうと、後になって高確率で後悔しますよ...。

 

そこで!

後悔することなく本当に要らないモノのみを捨てるコツ、3ステップ断捨離をお教えしますね。

 

断捨離をお考えの人は、実行する前にぜひ断捨離のコツを読んで参考にしてみてください。

 

断捨離をするに至った流れ

 

僕はもともと、モノをため込む性格でした。

 

 小学校の思い出だからと、使いもしない古びた文房具セットを残す。

 

中学校の思い出だからと、穴の開いた部活の練習着を残す。

 

高校生の思い出だからと、色あせた制服を残す。

 

 

そんな感じで思い出を大切にすることを理由に...いや、言い訳にして使うことも見返すこともしないモノたちをどんどん捨てずに残していきました。

 

当たり前ですが、残す残すを繰り返すとモノが溜まる溜まる...。

 

 

さすがにヤバいなとジワジワ思い始めた頃「ミニマリスト」や「断捨離」といった所持するモノを必要最低限にするという暮らし方がブームになりました。

 

僕もそんなライフスタイルに惹かれ「そういう生活ってステキだな...!」と考えを改めることに成功。

 

勢いそのままに、断捨離をする決意を固めました。

 

 

...しかし、それが大きな間違いでした。

定番のルールをもとに断捨離を実行!

 

 断捨離することを決意した僕は、捨てることを躊躇しないために1つのルールを決めました。

 

それは

 

「1年以内に使っていないものは即捨てる!」

 

というもの。

 

これは断捨離をテーマにしたテレビや記事なんかでもよく言われている、ポピュラーな判断ルールです。

 

そして、その基準のもと即行動に移しました。

 

 

断捨離レッツスタート!

 

1年以内に着ていない服は処分!

 

1年以内に読んでいない本やマンガも処分!

 

写真にハマり奮発して買ったもののホコリを被って眠っていた一眼レフも処分!

 

忘年会で当たったけど一度も開封していないミニ掃除機も処分!

 

 

売れるものは売り、そうでないものは即捨てる!

 

とにかくすべてを1年以内ルールのもと、ガンガンまとめて処分しました。

 

 

そして、モノで溢れ窮屈だった部屋はスッキリ快適な空間に見違えたのです!

 

いやー、やってよかった!

断捨離って気持ちいい!!

 

余計なモノがなくなったキレイな部屋になり大満足な僕。

 

 

...と、ここまでは良かったんです。

勢いのまま断捨離したことを時間差で後悔

 

その断捨離から半年ほど経った現在。

 

この記事の後半でもちょこっと触れましたが、僕は「もう気軽に買うことも借りることもできないマンガ」を断捨離で捨ててしまいました。

 

 

 

それは中学時代からずっと残していたモノで、紙は黄ばみページも破れ1年どころか数年は読んでいないマンガでした。

 

そして今、それが読みたくて仕方ないんです。

 

でも勢いのまま断捨離してしまったばっかりに、それは叶いません。

 

 

「1年以内に使っていないものは即捨てる!」というルールのもとに断捨離を実行すると、こういう弊害が出てくる事実もあるのかと身をもって実感しました。

 

 

そう、そのときはゴミでも時間がたてば宝物に感じるモノもあるんです。

 

 

だからこそ慎重に後悔なく断捨離をするコツ、「3ステップ断捨離」をおすすめしたいんです!

 

後悔なく断捨離をするコツ「3ステップ断捨離」の方法

ステップ1. まずは確実に要らないモノのみを処分する

まずは「これ持ってても確実に不必要だな」という消費期限が切れた消耗品や穴の開いた衣服などを処分してます。

 

インク切れのペン、使えなくなった乾電池、音の出なくなったイヤホン、期限が切れたコンタクト...。

 

僕の場合はあとで捨てようと思いつつ、そのまま閉まっていたモノたちが結構出てきました。

 

第1ステップはこういう、確実に要らないモノのみを断捨離していきましょう。

 

こうして段階を踏んで断捨離することで、捨てすぎず溜めすぎずな断捨離ができますよ。

 

ステップ2. 売れそうなモノとそうでないモノを仕分ける

確実に要らないモノを処分出来たら、残っているのはある程度の必要度レベルを超えたモノのみになります。

 

よしよし、順調ですよ!

ここからさらに絞っていきましょう。

 

今度はそれらの中からさらに「これは要らないな」と思うものを「売れそうなモノとそうでないモノ」とで仕分けます。

 

僕の場合だと

 

【売れそうなもの】

  • 一眼レフ
  • ミニ掃除機
  • CD/DVD
  • 状態の良い履いてない靴

 

 

【売れないモノ】

  • 破れたマンガ・本
  • 壊れた腕時計
  • 昔使っていたメガネ

 

といった感じですね。

 

 

このとき、実行に移す前に本当にこれらを 売る/処分 してしまってもいいか再確認してください。

 

必要になったらまた買えばいいやというモノならいいですが、僕のように再入手しにくいモノや高価なモノは後になって後悔しかねないので慎重な判断を。

 

 

ちなみに僕は売れるモノは近くのリサイクルショップで一括で売ってしまいました。

 

...が、これも激しく後悔中です。

 

後になって買取査定を調べると、店舗によって結構な値段差があったんです!

 

少し面倒ですが査定を調べて、カメラはA店舗で靴はB店舗、といった具合に分けて売ることをおすすめします!

 

僕はそれをやらなかったばっかりに5,000円以上も損してしまいました...。

 

ステップ3. 断捨離の最終確認

いよいよ断捨離のコツ、最後の3ステップ目です!

 

  • 確実に要らないモノを処分
  • さらに要らないモノを処分

 

ここまでやってしまえばもう断捨離は終わったも同然ですが、念のために最終確認!

 

さらに減らせるものは処分しちゃいましょう!

 

  • 長いこと着ていない洋服
  • 使わなくなったアクセサリー
  • 結婚式の引き出物で貰ったタオル

 

などなど...。

意外と探せば出てくるもんですよ。

 

これほんとに要る?と自分に問いかけると、「やっぱ要らない!」となるモノが出てくるかもしれません。

 

売れるものは売り、そうでないものは思い切って処分しましょう。

 

 

もちろん即決できるモノはいいですが、迷いが生じるモノは一旦そのままにしておくのも全然オッケー!

 

断捨離には勢いも必要ですが、それ以上に1番は大事なのは「断捨離をして後悔しないこと」です。

 

 

以上が断捨離のコツ、「3ステップ断捨離」の方法です!

断捨離のコツまとめ

 

断捨離に慣れている人ならこんな慎重に作業する必要はありませんが、僕のような初心者は勢いに任せて実行して後になって後悔しがち。

 

そうならないためにも

 

  • 確実に要らないモノを捨てる
  • さらに要らないモノを売る&捨てる
  • 残ったモノの中から厳選してさらに要らないモノを売る&捨てる

 

という「3ステップ断捨離」をすることで、後悔なくスッキリ気持ちのいい断捨離をすることができます。

 

 

一度にこの流れを実行できないって人は、1ステップを週替わりで実行してみるのはいかがでしょうか?

 

3週かかってしまいますが、その方がより1つのステップにかける時間が作れるので失敗もなく、断捨離をクセ付けしながら取り組めますよ!

 

断捨離をお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

勢いのままいきなり断捨離をするのではなく、まずはこういった本を読んでから決行するのもオススメです。