すみっこから

身も心も小綺麗な生き方を目指す雑記

MENU

【前に来たときと違う!】サービス精神が一定じゃない店が怖いって話


 

チェーン店のようなしっかりとしたマニュアルがあるお店と違って、個人でやってるような小規模なお店ってサービスが日によってバラバラな事ないですか?

 

この前来たときには水持ってきてくれたのに、今日はないんだ...ってあれ?セルフ?セルフだったのね!

この前のはサービスだったのね、みたいな。

 

そんなサービス精神が一定じゃない店の話です。

美容室編/たまに現れる熱マシーン

僕は直毛なんですが、サラサラな髪が嫌で2ヵ月おきにパーマを当てています。

 

いつも同じ店で、同じ注文をしています。

 

しているんですが、行く日によって施術が一定じゃないんです。

 

大体はこれっていう王道パターンがありまして、それは髪を巻いてパーマ液を付け、頭をビニール袋みたいなもので覆われて、パーマがかかるまでの間しばらく放置されるって流れなのですが、たまーにやり方を変えてくるんです。

 

気まぐれアレンジしてくるんです。

僕への断りも、サービスですの一言もなく。

 

ビニール袋もどきで覆われた後の放置時間の際に、6回に1回ぐらいのペースで頭を熱する謎のマシーンが投入されるんです。

 

なにも言わず後ろでガサゴソと準備して、いきなり熱を当ててくるのです。

 

なんの説明もなく。

 

 

いや待てなんだこれ?

きっと熱によってパーマのかかりを早くしたり強くしたりしてるんだろうなってのは、なんとなく解る。

マシーンの仕組みは雰囲気で解る。

 

ただ、毎回同じ注文なのになんでやる日とやらない日があるのか気になる。

 

そしてなんでなにも言ってくれないんだ。

 

 

決してスタッフさんが無口というわけではない。

 

なんなら映画の話や美味しいご飯屋さんの話で盛り上がったりと、それなりに喋る関係性は築けてるし、自分で言うのもなんだが、愛想の良い話しやすい客だと好かれてる感すらある。

 

そこはかとなく確かに感じる。

 

しかし謎の熱マシーンに関する説明は一切ないのだ。

 

いや、聞けばいいじゃんって思われるだろうが、1回なにも言わず受けれちゃった過去があると聞きづらいのだ。

 

なにを今更って思われるのが怖い。

粋じゃないなって思われるのは避けたい。

 

あっちもなにも言ってこないから尚更だ。

 

ほぼやらないのに、やるときは当たり前のようにやってくる。

 

お客さんの多い少ないは関係なく、気分なのか何なのかは知らないが、たまーにそのイレギュラー施術の回があるのだ。

 

大安の日にはマシーンを、といった決まりでもあるんだろうか。

 

そしてその回のパーマのあたり具合が毎回非常にバッチグーで、大満足して帰る。

 

だからこそタダで出来るならあの熱マシーンの投入を毎回お願いしたいし、追加料金がかかるなら全然払う。

 

1000円以内なら払う。

 

だからその謎サービスの説明をしてくれ!

 

いや聞けばいいんだけどさ聞けば!

ランチ編/迫りくるブラックコーヒー

僕は会社近くの「夜は居酒屋、昼は定食もやってまっせ」なお店でランチをとるのですが、ある日の食後、店主さんに「コーヒー飲む?」と尋ねられました。

 

食後のコーヒーサービス始めたんだと思って喜んでいるお願いすると、まさかのブラック!

 

僕はブラックが苦手だ。

しかもホットなんで一気飲みもできない。

 

やっちまったなー。

 

事前に言ってほしかったぜ、なんて思いつつも、頑張ってちびちび飲み干し明日からは断ろうと店を出る。

 

そして、翌日。

ふぅー食った食ったなんて悠長なこと考えてたら、問いかけもなく当たり前のように運ばれてくるブラックコーヒー。

 

もちろんホット。

昨日嬉々として頼んでいた僕への問いは、もはや失礼とばかりに当然のごとく置かれる。

 

シロップとミルクの有無やアイスかホットかは一切聞かれないので、ホットのブラックコーヒー一択のサービスなんだろう。

 

ごめんいらない。

それなら正直いらない。

ってかそうならそうと最初で言ってほしい。

 

100円払うからシロップとミルクを入れたアイスコーヒーが飲みたい。

しかしメニュー表にすらない。

 

これはもう実直で不器用な居酒屋店主が贈る、精一杯のランチサービスなんだろう。

そう思うとなんだかその気持ちが愛おしくなる。

 

ならば俺も男だ、甘んじて受け入れよう。

 

この機会にブラック克服する。

飲めないこともないし1ヵ月ぐらい飲んでりゃ好きになるかもしれない。

 

そう自分を奮い立たせ店を出る。

 

しかし3日目、突然の平穏が訪れる。

食後にコーヒーが置かれない。

尋ねられもしない。

 

え?何事?もしかして無理してたの気づかれてた?なんて不安になるも、他の客にも運ばれてない。

 

今日は豆が切れてるのか。

なんて思ったが、4日目、5日目と一向に出てこない。

 

どうやらコーヒーサービスは開始から2日で廃止になったようだ。

 

 え?なんだったんの?

なんでやったの?

もしかして飽きちゃった?

熱いし苦ぇよって不評だった?

 

疑問は尽きないが真相は分からない。

 

とりあえず、謎のホットブラックコーヒー一択のサービスは終わって以前の穏やかなランチに戻った。

 

あれはなんだったんだろう。

 

ほんとサービス精神が一定じゃない店って怖い。

 

いや聞けばいいんだけどさ聞けば!