すみっこから

身も心も小綺麗な生き方を目指す雑記

MENU

【ブロガー必見】全部無料!ブログ製作が捗るおすすめツールまとめ

 

ブログを1記事製作するにしても人によっては、写真や画像選び、加工や編集、アイキャッチ画像の製作、という風に複数の作業をいくつかのツールを使って仕上げている人も多くいるかと思います。

 

今回は、僕が実際にブログ製作をする際によく使用しているツールをまとめてみました。

 

僕のような極力お金を使いたくない&めんどくさがりな人でもすぐ使用できるように、ご紹介するツール(サイト)は

 

  • すべてフリー(無料)で使用できる
  • インストール不要でブラウザ上で使用できる
  • 日本語対応している

 

の条件を満たしているものを紹介します!


ポチッとひらけばサクッとすぐ使えちゃうので、気になるツールがあったらぜひ使ってみてください。

 

 

写真、画像、イラストのフリー素材サイト

Pixabay (ピクサベイ)

 

海外の無料写真サイト、Plxabay(ピクサベイ)。

 

写真はもちろんのこと製作画像やイラストなど、どんなものでも幅広く用意されていて無料で使用することができます。

 

僕のブログのアイキャッチ画像はほぼ Pixabay からダウンロードした写真を使用しています。

 

アプリ版もあるので、出先での空いた時間にもパパッと検索することも可能。

 

日本語対応していますが、大元は海外サイトなので、検索するときは英語で検索をかけた方が多くヒット数ことがよくあります。

 

いい写真が見つからなかったときは、英単語での再検索をしてみるのもオススメです!

 

例えば「卵」ではなく「egg」で検索するといった感じです。

 

pixabay.com

 

GAHAG

 

著作権が放棄された、あるいは著作権の保護期問が満了した等によって、著作権が存在していない写真、画像、イラストなどが集まったサイトです。

 

画像をクリックすると、なぜか画像を使った「アハ!体験ゲーム」なるものに誘導されますが、ページ下部の方にちゃんとダウンロードボタンがあります。

なんなんだろこれw

 

gahag.net

写真や画像の加工・編集に便利な無料ツール

Polarr

 

左上にある「インポート」ってとこから画像を読み込み(画像を画面にドラッグ&ドロップでもOK) 30種類近くから選べるフィルターを適用するだけ完成です。

 

フィルター以外にも明るさや色合いの調整なんかも手動でできるので、細かい画像編集をすることができます。

 

編集した画像をダウンロードしたいときは、左上にある「エクスポート」ってとこをクリックすればOK!

 

そのとき品質(画質)の調整もできるので、容量を軽くしたい人は品質を下げるといいかも。


でも正直、後述で紹介する画像圧縮ツール使った方がいいんで、ここでは初期設定のままダウンロードしちゃってしても問題ナシです。

 

【Polarr】

https://v2.polarr.co/

 

Pixlr editor(ピクセラエディター)

 

機能が少ない Photo shop (フォトショップ)といった感じです。

使い勝手も見た目もほぼフォトショと一緒で、無料で使えるのに基本的な画像編集・加工なら余裕でできちゃいます。

 

レイヤー機能はもちろん、ブラシ機能やスタンプ機能なんかもついているので、凝った画像を製作したい人にはオススメです!

 

「フォトショ使ってみたいけど、買うほどではない」って人もフォトショの操作感覚が掴めるの使ってみてはいかがでしょうか?

 

編集した画像は「ファイル → 保存」でダウンロードできます。

 

こちらもクオリティー(画質)の調整ができますが、あとで圧縮するなら特にいじらなくても大丈夫です。

 

Pixlr editor 自体はインストール不要でブラウザ上で使用できますが、事前に Adobe Flash Player をインストールしていないと使えないのでご確認を。

 

 

【Pixlr editor(ピクセラエディター)】

https://pixlr.com/editor/

アイキャッチ画像の製作に便利な無料ツール

Canva(キャンバ)

 

専門知識や細かい操作性を覚える要なく、とっても簡単にアイキャッチ画像を製作することができます。


僕のブログのアイキャッチ画像はすべてこの Canva (キャンバ)で制作しています。

 

おしゃれなデザインテンプレートがたくさん用意されていて、写真と文字さえ変えちゃえばすぐにそれっぽい画像の出来上がり!


アプリも用意されているので出先でも編集可能です。

もちろん同じアカウントでログインすれば、パソコンとスマホの編集データが自動で同期されるので、それもまた便利。

 

僕は会社の昼休みにザックリとしたもの製作しておいて、夜に自宅のパソコンから再編集して仕上げる、という手法をよくとっています。


性能はちょっとしょぼいですが、申し訳程度の画像加工もできちゃいます。

 

【Canna (キャンバ)】

https://www.canva.com/

 

Pixlr editor(ピクセラエディター)

 

画像の加工・編集に便利なツールとしても紹介した Pixlr editor。

 

Canva と違いデザインテンプレート等はありませんが、フォトショに近い機能が備わっているので、少し触って操作に慣れさえすれば Canva よりも自由度の高いアイキャッチ画像を製作することも可能です。

 

【Pixlr editor(ピクセラエディター)】

https://pixlr.com/editor/

写真や画像の圧縮に便利な無料ツール

JPEG圧縮 /PNG圧縮

 

画像をまとめてドラッグ&ドロップで突っ込めば、一括で圧縮してくれます。
圧縮した画像を1枚1枚ダウンロードすることも、全てまとめてダウンロードすることもできます。


見落としやすいですが、圧縮された画像のサムネイルをクリック(サムネイルにカーソルをのせると「設定」と表示されます)すると手動で圧縮率を調整することができます。

 

そのときオリジナル画像と圧縮画像と見た目の比較や、容量の比較もできるのでとても便利です。

 

イラストブログや写真ブログを運営している人で、1枚1枚を細かく調整して圧縮したい人なんかには、とても便利な機能だと思います。


後述しますが Tiny JPG/Tiny PNG のように画像形式が違うと突っ込んでも圧縮してくれないのでそこは要注意。


分かりずらいですが、ファイルをドラッグ&ドロップする枠の右上に画像形式(JPEG、PNG)を切り替えるタブがあります。

 

compressjpeg.com

compresspng.com

 

Tiny PNG/Tiny PNG

 

画像をドラッグ&ドロップで突っ込めば、一括で圧縮してくれます。

 

圧縮%の横の「download」をクリックすると1枚1枚ダウンロードすることができ、下にある緑の色のボタン「Download all」をクリックすると一括でダウンロードすることができます。

 

Tiny JPG/Tiny PNG という風に画像形式が「jpg」と「png」用のサイトがありますが、ぶっちゃけTiny JPG にpng画像を突っ込んでも圧縮してくれます。(その逆もできます)。


JPEG圧縮/PNG圧縮との違いは、手動で圧縮率を調整することはできませんがサイトデザインが使いやすくて、パンダがカワイイところですかねw

 

あっ、ここは日本語対応ではありませんが、画像突っ込んでボタン押すだけなんでこれは見逃してください...!

 

tinypng.com

記事タイトルやキーワード選びに便利な無料ツール

good keyword(グッドキーワード)

 

キーワードを入力すると Google(グーグル)、Yahoo(ヤフー)、Bing(ビング)からよく検索される、それぞれの関連キーワードと検索ボリュームを調べることができます。

 

例えば「ウォーキング」のような単語での検索はもちろん「ウォーキング メリット」といった、キーワードを絞った検索もできます。

 

関連するキーワード、複合するキーワードを知ることができるため、検索されやすい記事タイトルや記事中の言葉選びの参考になります。

 

goodkeyword.net

 

文字数カウント

 

記事タイトルは、グーグルの検索結果で省略されず全文表示されるために目安として32文字以内に収め方が良い、とよくいわれいます。

 

そのため good keyword(グッドキーワード)で選定した言葉を、32文字以内にまとまりよく収めるため文字数カウントで記事タイトルを作っています。

 

といいつつ、僕のブログは32文字超えてる記事タイトルもちょこちょこありますがw

 

www1.odn.ne.jp

まとめ

以上が僕がブログを製作するうえで使用頻度の高い、おすすめフリー(無料)ツールです。

 

すべてインストールの必要すらないツールなので、興味があったらぜひ使用してみてください。

 

全部とっても簡単に使えて便利ですよ!

 


最後まで読んでくれてありがとうございました。