生活の知恵

【新社会人】一人暮らし物件の選び方!おすすめ家賃6万円以下&最大10万円キャッシュバック物件を紹介

おばけ
おばけ
どうも!風街おばけ(@obake_kzmc)です!

社会人になって今年で7年目。

今でこそ業務にも慣れ、仕事も休みも充実した余裕ある生活を送れるようになりました。

しかし、思い返せば社会人になりたての頃は大変だったんですよ!

毎日が新しいことだらけで、バタバタと落ち着かない日々でしたね。

この記事では

をご紹介します。

新社会人は「時間の作り方」と「メンタルの保ち方」で苦労する

ベットに倒れこむ女性

僕が働き始めた当初、特に苦労したのが「時間の作り方」「メンタルの保ち方」です。

新社会人はどうしても

  • 仕事を覚えるのに必死で、常に心に余裕がない
  • 休日しか楽しみがないが、その休日も日頃の疲れからゴロゴロしてるだけで終わっちゃう
  • これまで趣味として楽しんでいたことにも、やる気が出ない

という負のループに陥りがちです。

仕事終わったら自炊するぞー!なんて思っても、作る気力がない。

夜は撮り溜めたアニメ&ドラマでも見るぞー!なんて思っても、見る気力がない。

休みはパーッと遠出してリフレッシュするぞー!なんて思っても、行く気力がない。

…なんて、あるあるです。(僕や同僚も働き始めの頃はそうでした)

頭の中で思い描いている理想の生活はあるんですが、それを実行するための時間とメンタルがないんですよ。

不慣れな仕事にエネルギーを取られすぎて、些細な行動でも実行するのに消極的になってしまいがちなんです。

だからこそ、1番自分の生活の基盤となる「住むエリア」には絶対こだわったほうがいいと伝えたい!

仮に負のループにハマっちゃったとしても、住む街が自分のライフスタイルに合っていれば時間もメンタルも消耗することなく、効率よい充実した生活を送ることができます。

この記事では、個人的に社会人になる前に知りたかった

「こういうのを頭に入れて物件を探すと、新社会人生活を快適に送れるよ」

というアドバイスをしたいと思います。


新社会人が住むのにおすすめな街の条件ベスト3

夕暮れの東京駅周辺の風景

僕が実際に社会人を経験してみて分かった「新社会人が住むのにおすすめな街の条件ベスト3」があります。

「え?こんなこと!?」と思われそうな地味なものばかりですが、地味だからこそ重要なんですよ!

それでは、説明もつけてご紹介していきますね。

1位:コインランドリーが多く洗濯を楽できる街

新社会人の生活において、何気に面倒なのが洗濯の存在です。

  • 朝が忙しく洗濯物を干している時間がない
  • 夜は疲れて帰ってくるので洗濯機を回す気力がない

なんて日は、予想以上に結構な頻度で出てくるんですよ。

だからといって、身なりを清潔に保つためにも「洗濯しない」なんてことはできませんよね?

そんなとき、近所にコインランドリーがあるととても助かります。

雨の日や梅雨時期はもちろん、時間と気力を消耗しがちな新社会人の強力な助っ人となりますよ!

「多少お金はかかるけど自動でやってくれる」という逃げ道が身近あるだけで、だいぶ精神的にも楽になりますよ。

2位:コンビニ・24時間営業のスーパーが多い街

やはり、新社会人にとって24時間営業しているコンビニやスーパーは

  • 朝食・夕食をパパっと済ませたい
  • ATMを使いたい
  • コピー機を使いたい
  • ご祝儀袋・香典袋が必要になった
  • ネクタイが必要になった

などなど、新社会人に必要となるだろう問題をほぼほぼ解決してくれます。

そしてなにより超便利!

自炊するのが面倒な日や、急な身支度が必要になった場合なんかでも、24時間営業の店が近くにあれば大助かりですよ。

僕は最近、期限ギリギリの送り忘れていた返信ハガキの存在を思い出し、大慌てしました。

そのときも早朝からコンビニで返信用の42円切手を買えたことで、無事に期限内に返信することができたという体験談があります。

もし近くにコンビニがなかったら…と思うと、今でもゾッとしますねw

こういう急なトラブルから日用品まで、近くに24時間営業の店がある/ないとでは生活のしやすさが段違いです。

さまざまな面で時短にも繋がるので、そういう心強い店がある街に住むことをおすすめします。

可能であれぱ、コンビニよりも価格が安いスーパーの方が経済的には助かりますよ。

3位:自分の金銭感覚にあった「ひとりでゆっくり落ち着ける店」がある街

カフェでもバーでも定食屋でもネカフェでも、なんでも構いません!

とにかくフラッと寄れる「ひとりでゆっくり落ち着ける店」がある街に住みましょう。

家でも会社でもない場所でひとりボーっとするというのは、意外と自分のメンタルを保つうえでも大事な休憩時間となります。

なにより

  • 外に出る
  • 会社以外の人と喋る(店員に対する会話でも)

というなんてことない行動を日常化するだけでも、生活の充実度がグッとアップしますよ!

特に周りに知り合いがいない地方から上京してきた人なんかは、なおさらです。

こういうルーティン化できるライフスタイルこそ、気付けば生活になくてはならない核となります。

そうはいっても、そのお店が自分にとって高い店であれば自然と行く頻度は減っていきますよね?

だからこそ、自分の金銭感覚と相談して「これぐらいなら週1~2回は行っても平気だな」という料金感覚の店に行きましょう。

個人的には料金を安く、ガッツリ自分だけの世界に浸れる漫画喫茶やネカフェがおすすめですね。

近場にそういう店があると超助かりますよ!

おすすめ条件に当てはまる東京都内の街(駅)を3つご紹介

東京駅丸の内駅前の風景

先ほどの「新社会人が住むべき街の条件ベスト3」の条件をすべて満たし、そのうえでさらにおすすめしたい東京都内の街(駅)を3つご紹介します。

新社会人の人は、ぜひ物件を探す参考にしてください。

どの街もおすすめなので、雰囲気や特徴を比べながら自分にベストな物件を見つけてくださいね!

江戸川橋/治安のいい静かで落ち着いた街

【街の雰囲気・特徴】

江戸川橋は、男女問わず一人暮らしをするのに向いているエリアです。

警察が24時間巡回してくれる範囲に入っているので街なので治安も良く、女性や地方から上京してきた人にも安心して住める街となっていますよ。

寺院が多い静かな街で、東京の中でも落ち着いた雰囲気をしているので非常に住みやすい環境となっています。

【どんなお店が多いか】

江戸川橋は飲食店に強く、定食屋や食堂が多くあります。

忙しく自炊する時間が取れない新社会にはありがたい、バランスよい食事を低価格(千円以下)で提供してくれるお店もたくさんありますよ!

高田馬場/活気と落ち着きを兼ね備えた街

【街の雰囲気・特徴】

高田馬場は、若者が一人暮らしをするのに向いているエリアです。

近くに大学・専門学校があるので、非常に活気のがある街ですよ。

山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線があるので、職場へのアクセス手段が多くとっても便利!

駅から離れると静かで落ち着いた住宅街が広がっているので、あえて駅から少し距離のある物件を探してみるのもよさそうです。

【どんなお店が多いか】

高田馬場は飲食店や娯楽施設に強く、若者向けの店が多くあります。

駅の目の前には「BIG BOX」という大型の商業施設があり、アパレル・カラオケ・アミューズメント・飲食店など一通りの娯楽やショッピングを満たすことができます。

カフェも多くあるので、お気に入りの「ひとりでゆっくり落ち着ける店」もたくさん見つけられると思いますよ。

高円寺/都心へのアクセス抜群なサブカルの街

【街の雰囲気・特徴】

高円寺は、一人暮らしからファミリーまで幅広い層が住むのに向いているエリアです。

そして高円寺といえば、なんといっても音楽の街。

ライブハウスや音楽系イベントが多く開催されているので、音楽が趣味の人は住んでいて非常に楽しく刺激的な街でしょう。

また、都心である新宿まではわずか2駅という好立地でもあります。

スーパー激戦区エリアなこともあり、物価は安めで新社会人のお財布事情にはありがたい街となっていますよ。

【どんなお店が多いか】

高円寺は、サブカルチャー色の強いお店が多くあります。

古着屋、カフェ、ライブハウスなどが充実しており、社会人をしつつ身近なエリアで趣味も充実したい人にはピッタリですよ。

古着や音楽が好きな人は、街をブラブラしているだけで楽しめるお店がいっぱいあります。

個人経営のショップも多いので、都心とは違った個性的なショップが多いのも特徴ですね。

新社会人の一人暮らしにおすすめ!家賃6万円以下の格安物件を探す方法

経済面で苦労しやすい新社会人にとって、毎月の出費となる家賃は物件の重要な決め手となりますよね。

初任給の金額的にも、家賃の目安は6万円以下という人も多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、家賃6万円以下の格安物件を紹介する専門店「部屋まる。です。

部屋まる。のおすすめポイント
  • 家賃6万円以下の格安物件を紹介する専門店
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉の4エリアから物件を探せる
  • 遠方から引っ越してくる人には12,000円プレゼント
  • 3週間以内に物件を契約した人には10,000円キャッシュバック
  • 引っ越し手続きや入居後のトラブルを一括支援するサービスあり

>>部屋まる。公式サイトへ


新社会人の一人暮らしにおすすめ!引っ越しお祝い金(最大10万円)がもらえるお得な物件を探す方法

スマホで探しものをする女の子

引っ越しにかかるお金は予想以上の出費になりやすく、お財布にも大ダメージですよね。

一度に出ていくお金が大きい分、貧乏な一人暮らし生活を送ることになるかも…と不安な人も多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、引っ越しお祝い金(最大10万円)が必ずもらえる「キャッシュバック賃貸です。

キャッシュバック賃貸のおすすめポイント
  • 入居決定で引っ越しお祝い金が必ずもらえる(最大10万円)
  • 全国エリアから物件を探せる
  • アパマンショップ、レオパレス、SUUMOといった大手の物件を掲載
  • 掲載している物件数が多い
  • お部屋探しをサポートするサービスあり

>>キャッシュバック賃貸 公式サイトへ

【新社会人】一人暮らし物件の選び方!おすすめ家賃6万円以下&最大10万円キャッシュバック物件を紹介/まとめ

僕が新社会人へおすすめする住む街を選ぶ3つのポイントは

  1. コインランドリーが多く洗濯を楽できる街
  2. コンビニ・24時間営業のスーパーが多い街
  3. 自分の金銭感覚にあった「ひとりでゆっくり落ち着ける店」がある街

となります。

新社会人は、環境に慣れるまでは、どうしても「時間の作り方」と「メンタルの保ち方」に苦労しがち。

そうなると、行動範囲も自然と狭くなっていきます。

しかし、3つの条件が揃えば自分が住むエリア内だけでも快適な生活できるので、効率いい社会人ライフを送ることができますよ。

お得な物件の探し方

といった新社会人にピッタリな物件探しもできるので、ぜひ参考にしてくださいね!

娯楽よりも「自分にとって日常生活を楽にしてくれるものが充実しているか」を重視すると、失敗しない物件選びができますよ!

こんな記事もおすすめ