心理・人間関係

【人間関係】うまくいかない&めんどくさい。環境が変化するたび友達を作るのが苦手です

【人間関係】うまくいかない&めんどくさい。環境が変化するたび友達を作るのが苦手です【人間関係】うまくいかない&めんどくさい
おばけ
おばけ
どうも!風街おばけ(@obake_kzmc)です!

住む場所、学校、職場…。

自分が身を置く環境が変わったら、その都度、深い人間関係を構築できる人に憧れます。

そして、その構築作業を楽しんで取り組める人には、どうしたらなれるのでしょうか。

「構築作業」とか言ってる時点でダメな気がするけどw

男女の友情はありえます!「彼女がいる僕&旦那がいる女」が成立させた友情物語 みなさんは男女の友情は成立する/しない、どっち派ですか? 僕は完全に成立する派です。 なぜか...

人間関係めんどくさい!受け入れキャパが狭い

僕が今、心からなんでも話せる人は中学時代からの友達2人だけです。

それこそ「親友」と呼べるぐらい深い存在です。

自分から遊びに誘えるのも恋人を除けばこの2人だけです。

他にもたまに飲みに行くような友人や会社の同僚はいますが、当たり障りなく、その場をなんとなく楽しむ程度。

行けば楽しいし、充実感もあります。

でも、正直、自分から誘うほどではありません。

決してその人たちのことが嫌いとかではないんです。

むしろ「いい人」のカテゴリーに入ります。

誘われると嬉しくも思います。

それなら、その人たちとも打ち解け合えるぐらい仲良くすればいいじゃん、って自分でも思います。

でも、「中学からの親友がいいるからいいや」と考えてしまうんです。

もうそういうのは足りてるからいいや、と。

きっとストレスなく自分らしい生活が送れるための、人間関係キャパに限りががあるんだと思います。

そして、それが平均よりも狭い(少ない)んだと思います。

あえて名前を付けて数値化するとするなら

  • 親友枠:定員2人(誘うし誘われるしよく会う)
  • 友達枠:定員4人(誘われれば会う)
  • 友人枠:定員3人(誘われれば極まれに会う)
  • 会社枠:定員2人(誘われれば会社帰りにたまに会う)

といった感じでしょうか。

すごい上からな書き方になってて自分でもツッコミたくなりますが、赤裸々にするとこんな具合です。

今現在、自分のこの人間関係キャパが埋まっている状態だと、それ以降の人は無意識に受け入れ拒否モードになってしまいます。

もちろん、だからって冷たくするとかではないですよ。

普通に当り障りなく、ほどほどに愛想良くしながら付き合いはします。

ただ、自然と枠が定員オーバーなことを心が察して、これ以上関係を深めることを自分が望まないんです。

特に「親友枠」「友達枠」がこの人はこの枠で、もう決して関係が崩れることはないんだろうな。

おじさんになってもそれぞれの枠に、それぞれの人がいて、ずっと仲いいんだろうな、と思えるレベルまで達しているので尚更です。


人間関係の枠が埋まっていると新しい人とうまくいかない

いつもそんなこと思いながら生活しているわけではありませんが、もうどの枠も定員満たしてるから、これ以上増やす必要も、心から仲良くなるための精神労力を使う必要もないか。

といった感覚のもと、人間関係を捌いている節があります。

でも、できる人はできるじゃないですか?

既にある人間関係には飽き足らず(言い方が悪い)環境が変わったらその都度、同じように、同じような労力をかけて人間関係の構築を楽しめる人が。

飲み会やらランチやら、お金がかかる工程を挟んででも、交友ポイントを貯める作業を純粋に楽しめる人が。

そして、ついには友人枠への加入を許す人が。

友達いなかったら分かりますよ?

寂しいだろうから、そりゃ頑張るよなって。

でも、いてもお構いなしにできる人っているんじゃないですか?

そんな人って、自分には〇〇がいるから他はいいや、ってならないんですかね?

100%なんでも話せる人が自分にはもういるから、これ以上はいいやって。

そんな人って単純に人間関係の受入キャパが多いんですかね?

僕はそれが人よりもキャパ不足だからこうなっちゃうんですかね?

ならそのキャパ不足を解決するにはどうしたらいいんすかね?

僕は別に今の生活に困ったことも不満もないのですが、なんだか、そんな人たちと比べて自分は人間として劣っている気がしてしまうんです。

ダメなやつに思えてくるんです。

僕は、会社でただ部署が同じってだけの人との飲み会に3,000円払うぐらいなら、同じお金で親友枠や友人枠の人たちと飲みに行きたいわ!

とかすぐ思っちゃうんです。

A君といたらトータル1,000円の遊び代でも楽しいのに、B君といると5,000円かかっても楽しくない。

それだったらA君といるほうが精神的にもお財布的にもお得だ。

だからもうB君の誘いは断ろう。

だってA君がいるし、とか。

人間関係を損得勘定で図ってしまうクセがあるんです。

それって良くないよなぁと最近思い始めてきました。


人間関係が苦手。理想を親友に語ってみた

もう、人間関係のキャパ数とか気にしない。

そして、 すぐこんな思考に走るクセを治したい。

僕はそんな考え方はもうやめる。

環境が変わっても、昔からの友達のみに執着するんじゃなくて、そのたび深い人間関係を構築できる人になりたい。

そして、その構築作業をちゃんと楽しめる人になりたい。

ってのを親友に相談したら

「あー、でもまぁ、そんなの性格の違いだし今更無理じゃない?」

「単に狭く深くタイプか、広く浅くタイプかの違いじゃない?」

「別に今の生活に困ってないなら、無理して変えなくてもいいじゃない?」

等々を言われて

そっかーそだねー。じゃあ別にいっかなー、普通に今の生活でも幸せだし楽しいし!

となった話です。

やっぱ無理せずこれからもこれまで通りいきます。

こんな記事もおすすめ