心理・人間関係

スキルある社畜が転職しない理由は「過去の自分を否定したくないから」説

おばけ
おばけ
どうも!毎日ゴロゴロ過ごしたい 風街おばけ(@obake_kzmc)です!

たまに「なんでこの人さっさと転職しないの?」って人いませんか?

僕は顔見知りの人とだけ繋がっているツイッターアカウントがあるのですが、かなりの社畜らしく毎日キツそうな人が数人います。

もう何年もずーっと、同じような仕事の文句を垂れ流しています。

こういう言い方したらアレですが、「そういう会社でしか働けないスキルのない人」だったらある程度は仕方ないと思うんです。(よくないけど)

しかし「他でも全然やっていけるでしょ!」っていう優秀な人に限って、何年も同じブラック企業で社畜してる場合があるんですよね。

そういう人はなぜ転職しないのか考えてみました。

優秀なのに社畜のまま何年も生きる人

僕の知り合いを例に出すと、看護師の子がそうです。

その子の場合は

  • 小さい頃から看護師になりたかった
  • 資格を取るために大学に通う
  • 学業優先で諦めた恋もある
  • 実際に夢を叶える
  • しかし現実は人手不足で毎日が社畜
  • それでも何年も働き続けている

っていう状態です。

毎日の疲労しきったツイートを見ていると可哀想になりますが、正直「さっさと辞めて転職したら?」とも思っちゃいます。

実際に何人からもそんなリプをもらっていて、親しい友達にも会うたび辞めろ辞めろと言われているそう。

もうそんな生活を何年も続けているんです。

その子は頭もよく、看護師の資格以外にも就職に有利な資格(他業種)をたくさん持っています。

辞めたからといって職に困るようには到底思えません。

ちなみに、まわりの同僚はとっくに辞めていったそうです。

しかし、一向に辞めようとはしません。

その子は別に人から心配されたい「かまってちゃん」というわけではありません。

鬱で精神的に参ってるとかでもありません。

ただただ自分が社畜であることを自覚しつつも、決して辞めないんです。

なにか強い意思すら感じます。


転職しない理由は「過去の自分を否定したくないから」という説

優秀でスキルもある社畜が転職しない理由。

それは「過去の自分を否定したくないから」なのかもしれません。

僕の周りの社畜状態にある人を冷静にみて思いました。

そして気づいたんです。

なんとなくで入った会社がブラックだった友人たちは、結構サクサク転職してるんですよ。

「うっわ!最悪!さっさと辞めよう…」って感じで。

しかし、昔から目指していた職に就いた人ほど辞めないんです。

もしかすると、夢を叶えるために時間もお金もかけ、諦めた恋まである過去の自分を否定したくないから転職できないんじゃないでしょうか。(鬱病で冷静な判断ができない、とかは抜きにして)

「ここで辞めてしまったら、過去の努力や自分の存在が無意味になる」と言い聞かせながら、何年も社畜を続けているように感じました。

端から見てると「さっさと切り替えた方が効率いいじゃん」って思いますが、本人からするとそういう心理状態になるのかもしれません。

憧れが強かった職業だと、それはより一層深くなりますしね。

ツイッターやネットを漁れば、いくらでもブラック会社・社畜から転職したエピソードは出てきます。

具体的な機関を挟んだ辞める手順も詳しく出てきます。

もし本気で辞めたいのなら、きっと、とっくになんかしらのアクションを起こしているでしょう。

しかし、自分が社畜だと理解しつつ辞めない。

それは「辞めたいけど辞めれない」といったジャンルとは少し違う、心に根付いた意思がそうさせているように感じました。

スキルある社畜が転職しない理由/まとめ

これは僕の周りの「スキルがあり優秀なのに転職しない社畜」な人達をみて勝手に思った、あくまでも説です。

ですが「過去の自分を否定したくない」という心理のもと、転職できずに働き続けている人も少なからずいると思います。

昔からの夢だった職に就いた人や、責任感が強い人なんかは特に。

今現状、ブラック企業で働いている人や社畜だっていう人はどうかご自愛くださいね。

身体を壊しては元も子もないんで、健康第一ですよ!

おばけ
おばけ
いのちだいじに!

ちなみに僕は、キーボードを叩く音がうるさい先輩のせいで転職したいですw

キーボード叩く音がうるさい人がストレス!嫌われない注意の仕方や心理を考えてみたキーボードを叩く音がうるさい人の心理、嫌われない注意の仕方、対策方法をまとめました。体験談を交えつつ実際に試したことをまとめて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。...
こんな記事もおすすめ