ライフスタイル

「理想の睡眠時間」の調べ方!自分に適切な“ベスト時間”を知る方法

おばけ
おばけ
どうも!風街おばけ(@obake_kzmc)です!

僕は毎日、23時に寝て5時に起きるという生活を送っています。

以前はもっと夜更かしでしたが、朝活をするために就寝時間と起床時問を調整しました。

朝活スケジュール公開!朝型生活になる方法&5つのメリット朝活のおすすめスケジュールを公開します!また、元夜型人間が教える朝型生活になる方法、実際に朝活をしてみて実感した5つのメリットをなどまとめました。...

しかし、睡眠時間自体は昔からそのままの6時問程度です。

体を動かしてヘトヘトに疲れきってしまわない限り、6時間寝れば自然と目が覚めてしまいます。

この6時間睡眠は、はたして身体にとって良いのでしょうか。

そして理想的な睡眠時間とはどれぐらいなのでしょうか。

理想的な睡眠時間にまつわるアレコレ

眠っている猫

一般的にはよく、理想的な睡眠時間は8時間という言葉を耳にします。

もしそれが本当であれば、僕は全然足りていません。

しかし寝不足に感じることもなく毎日ピンピンしています。

今はまだ若いから何ともないだけで、実際のところは睡眠不足が蓄積しているのでしょうか。

真相やいかに!

ってことで睡眠時間について調べてみると

「睡眠時間は8時間がベスト」

「8時間睡眠は眠りすぎ」

「質の高い睡眠であれば時間は短くても大丈夫」

「睡眠時間は90分の倍数にするのが良い」

なんかもうずらーっと色々な意見が出てきました!!

結局のとこ何時間がいいのー!!

ちゃんと科学的に検証して割り出した「理想的な睡眠時間は〇時間」というビシッとしたデータはないんでしょうか。

…と思ったらありました。


理想的な睡眠時間は7時間程度

調査の結果判明したデータ

アメリカで100万人以上を対象に行なわれた追跡調査や、日本で10万人以上を対象に行なわれた追跡調査では、健康に支障をきたさない睡眠時間は6時間30分以上~7時間30分未満であるという結果が報告されています。

これらの追跡調査で、平均睡眠時間が6時間30分以上~7時間30分未満の人は、平均睡眠時間が6時間30分未満の人や7時間30分以上の人と比べて6~11年後の死亡率が低いということが分かりました。

引用元

ふむふむ。

こちらの情報によると、健康に支障をきたさない睡眠時間は「6時間30分以上~7時間30分未満」ということが調査で判明したようです。

つまり7時間程度を目安に睡眠をとるのが理想的ってことですね。

それにしても、死亡率にまで影響が出ているところを見るとゾクッとします。

やはり睡眠は健康と切っても切り離せない存在のようですね。

「理想は8時間睡眠」とは何だったのか

じゃあよく聞く「理想的な睡眠時間は8時間」というのはなんなんのでしょうか。

調べてみると8時間の睡眠が理想的とされているのは15歳頃までで、人は歳を重ねるごとに必要な睡眠時間が減っていくそうです。

あくまでも子供の成長やしつけを考えてのベストな睡眠時間の情報が根付いて、大人にも広まったのかもしれませんね。

人それぞれの最適な眠時間は異なる

ベッドにふたつ並んだ枕

7時間睡眠にするため無理に足し引く必要はなし

理想的な睡眠時間は7時間程度、ということは分かりました。

やっぱり大人は8時間も寝る必要はないようですね!

んー?ちょこっと気になることが。

僕は6時間睡眠なので、結局あと1時間足りていません!

無理にやりにでも1時間プラスして寝た方が健康的には良いのかと思いましたが、どうやらその必要はなさそうです。

環境や体質によって変化する睡眠時問

あくまで7時間程度というのは「大多数の人が健康的な生活を送るうえでの理想とされる睡眠時間」であり、1つの目安でしかないそうです。

人それぞれの必要とされる睡眠時間はライフスタイル、体質、精神状態などによっても変わってくるそうで、7時間の睡眠にこだわるのではなく「自分の身体にベストな睡眠時間」を知ることが重要なようです。

自分の身体にベストな睡眠時間を調べる方法

自分の身体に理想的な睡眠時間は、とっても簡単に調べることができます。

  1. 目覚ましをかけず就寝する
  2. 自然に目が覚める時間に起きる
  3. 何時間眠っていたかを測る

たったこれだけです!

妨害なく快適に睡眠がとれるよう部屋の温度を調整したり、朝日で目覚めないようカーテンを閉めて寝るのがポイントだそうです。

このときどれだけの時間眠っていたかで、あなた自身の理想的な睡眠時間が分かります。

ただ、普段寝不足な人や疲れが溜まっている人は最初の数日間はそれらを解消しようと睡眠時間が長くなってしまいがちで、正確な理想の睡眠時間を測れないようです。

元気100%な素の身体じゃないと測れない&社会人は時間が作りづらいのがちょいと難点ですね…!

普通のお休みだと体力回復してる間に終わっちゃいそうですw

興味のある人は時間に余裕があればゴールデンウィークや正月休みといった長期期間の休みを使って試してみてください。

ちなみに僕は平日・休日関係なく6時間たてば目が覚めちゃうので、毎日最適な時間で睡眠をとれていたようですw

よかったー!!

一安心しました。

でも6時間睡眠って少し短い気がしますね。

僕はショートスリーパー寄りなのでしょうか?

とにもかくにも、8時間寝る必要がなくてよかったですw


適切な睡眠時間の調べ方/まとめ

ベッドに置かれたクマのぬいぐるみ

今回の睡眠時間についてをまとめると

  • 「理想の睡眠時間は8時間」というのは15歳頃までの話
  • 大人は7時間程度(6時間30分以上~7時間30分未満)が理想
  • でも環境や体質によって個人差があるから無理に寄せる必要はなし
  • 自分の身体に最適な理想の睡眠時間を知ることの方が大切

って感じですかね。

結局は個人差かい!って話ですが、6時間寝たら目が覚めちゃう僕としては無理してこれ以上寝なくても大丈夫と知れただけホッとしていますw

時間に余裕のある方は、ぜひ自分に心要な必要の睡眠時間を測ってみてはいかがでしょうか?

意外な発見があっておもしろいかもしれませんよ!

睡眠時間も大切ですが、睡眠の質を向上させるために寝具を見直してみるのもいいかもしれませんね。

僕は最近枕を買い換えましたが、眠り心地が以前よりも格段に増して毎夜ベッドに入るのが楽しみになりましたw

こんな記事もおすすめ