生活用品

ドクターマーチン3ホール|履き始めの痛さ対策&レビュー・評価【写真つき】

おばけ
おばけ
どうも!風街おばけ(@obake_kzmc)です!

僕はDr.Martens (ドクターマーチン)が好きで、年中履いています。

購入~現在まで、使用すること約3年。

革製品だけあって3年も使っていると、履き心地や色合いにも変化が出てきました。

この記事では

ドクターマーチンの「履き始めの痛さ対策」もあわせてレビュー・評価(写真つき)

しようと思います。

愛用しているDr.Martens(ドクターマーチン) 3ホールの情報

愛用しているDr.Martens(ドクターマーチン) 3ホール

ドクターマーチンといっても種類が色々とあるので、まずは僕が愛用している3ホールマーチンの情報をご紹介します。

ホール数3ホール
ブーツカラーチェリーレッド
サイズUK6(25センチ)
値段19,144円
使用頻度外出時の靴としてほぼ毎日使用
手入れ頻度1ヵ月に1~2回程度

ドクターマーチン3ホールを3年履いてみた変化・感想

実際に3年間履いて気付いた変化や感想を、色合い、履き心地、サイズ感、外見の4つにわけて書いていきます。

ブーツカラー(チェリーレッド)の色合い変化

購入当初は、このカタログ写真のような赤味の強い色味でした。

購入当初のDr.Martens(ドクターマーチン)のブーツカラー(チェリーレッド)

3年使用した現在はこんな感じです。

3年使用したDr.Martens(ドクターマーチン)のブーツカラー(チェリーレッド)

だいぶ革の色にも深みが出てきて、チェリーレッドというよりはワインレッドに近い色合いへと変化しました。

以前の色も好きですが、個人的には今の落ち着いた赤の方が気に入っています。

履き心地の変化(履き始めの痛さ対策方法)

最初は革が固く、歩くとアキレス腱やかかとが靴擦れして「痛い痛い」と泣きそうになりながら履いていましたw

しかし!

絆創膏&ドライヤーがあれば、ドクターマーチンの革が固い(痛い)のを和らげることができます。

履き始めの痛さ対策方法

  • 靴の履き口の内側に絆創膏を貼る
  • ドライヤーを当てて革をグニグニして柔らかくする

アキレス腱が当たる“靴の履き口”に絆創膏を貼るのは超おすすめ!

そうすることで革の硬さを和らげ、靴擦れを起こさなくなります。

後ろから歩く人に見えないよう、内側に貼りましょう。

また、靴の履き口にドライヤーの熱をあて、革を柔らかくするのも効果アリです。

熱を当てながら、手でグニグニと揉むとより柔らかくなりやすく効率的ですよ。

手っ取り早くでき、効果もバッチリです。

革靴は履き慣れるまで我慢なんてよく聞きますが、痛さに我慢できなかったので裏技を使いましたw

もちろん今では絆創膏を貼る必要もなく、革もだいぶ柔らかくなりましたよ。

また、初めて履いた時はその重量感から「1日履くと疲れるなぁ…。」と少し思いましたが、1週間も履けば疲れには慣れちゃいました。

サイズ感の変化

「ドクターマーチン(革靴)は、履き続けると伸びてサイズが大きくなる」と店員さんがアドバイスしてくれたので、サイズはぴったりめで購入しました。

履きはじめはピッチピチでキッツキツという、ゆとりのないサイズ感でしたね。

今では店員さんの言葉通りスペース(小指が一本入るぐらい)ができていて、だいぶ履きやすくなりましたよ。

1サイズ大きいマーチンを買っていたら今頃ブカブカしてたのかな、と思うとゾッとします。

購入するときは、まずは店舗で試し履きして自分に合ったサイズ感を確かめることをオススメしますね。

外見(靴紐、ソール、糸など)の変化

3年使用したDr.Martens(ドクターマーチン)の外見(靴紐、ソール、糸など)

靴紐は1度も変更することなく、購入当初のまま使用しています。

ちぎれそうな雰囲気も一切ないので、かなり強度のある紐なんでしょうね。

ソール(靴底)も同じく購入当初から変更ありませんが、結構すり減ってきています。

糸は履き始めて2年半ぐらいが経過したころ、かかと部分がほつれだしました。

後ろから見ると少し不格好だったので、泣く泣くほつれた部分のみハサミで切りましたよ。

こんな感じ!

3年使用したDr.Martens(ドクターマーチン)の履き口部分

細かい傷もちょこちょこ付いていますが、それも味になるのがドクターマーチンのいいところですね。

ドクターマーチンの良いところ

ドクターマーチンの良いところ

  • どんな着こなしにも合うので、コーデしやすい
  • 使えば使うほど味が出る(傷がついてもOK)
  • 耐久性が高く、造りが頑丈である

ドクターマーチンは、幅広いファッションに相性抜群です!

Tシャツ+黒ジーンズ+ドクターマーチンという、楽チンなコーデでもOK!

ジャケット+黒スキニー+ドクターマーチンという、よそ行きコーデでもOK!

とにかくどんな着こなしにも合わせやすく、季節を問わずコーデが簡単です。

革製品なので使うほど味がでてきて、傷がついてもそれがまた魅力に変わります。

長く履き続けることができるし、「育てる」という感覚を味わえるので、愛着がわきますよ。

また、何気に嬉しいのは耐久性がとても高いところです。

雨が降ろうが水たまりを踏もうが、靴の中に水が浸入してこないので外履きにはピッタリですよ!

ドクターマーチンの悪いところ

ドクターマーチンの悪いところ

  • 履き始めは靴擦れして痛い
  • 値段がちょっと高い

個人的に思う1番のデメリットは、やはり上でも書いた履き始めの靴擦れ痛い問題ですね。

革が固く足に擦れると痛いので、最初は苦労しました。

しかし、そこを乗り越えちゃえば自分の足にどんどん馴染んでいくので、グッと履きやすくなります。

靴擦れは絆創膏とドライヤーで対策すれば大丈夫なので、ご心配なく!

また2万円越えするものがほとんどなので、少し高く感じる人もいるかもしれません。

でも、耐久性や何年(手入れ次第では何十年)も使えることを考えると、ドクターマーチンはかなりコスパ良いと思いますよ。


ドクターマーチンのおすすめ購入方法

実際に購入してみて実感した、ドクターマーチンのおすすめの購入方法をまとめておきます。

店舗よりネット購入の方が安くておすすめ!

ドクターマーチンは店舗で購入するより、Amazonや楽天といったネット経由で購入する方が安いしポイントも付くのでおすすめです。

僕の場合は楽天ポイントが欲しかったため

  1. まずは店舗で試し履き
  2. 自分に合ったサイズを把握
  3. 店舖では買わずネット (楽天)で購入

という流れでゲットしました。

値段は店舗と比べると、約1,500円も安く購入できましたよ。

サイズを測りに行くという手間がかかりますが、その方が間違いがなく確実です!

サイズ表(センチ表記)

サイズはネットからも確認できるので、わざわざ店舗へ行くのはめんどい…という人は、自分にあったUKサイズを把握してから購入してくださいね。

上の「サイズ感の変化」でも書きましたが、ドクターマーチンは革靴なので使っていくうちに革が伸びます。

そこも考慮して、ぴったりめなサイズ感を購入する方が後々のことを考えると無難ですよ!

UKサイズから日本サイズへ変換した表を置いておくので、参考にしてみてください。

  • UK3:22センチ
  • UK4:23センチ
  • UK5:24センチ
  • UK6:25センチ
  • UK7:26センチ
  • UK8:27センチ
  • UK9:28センチ
  • UK10:29センチ
  • UK11:30センチ
こんな記事もおすすめ