レビュー・紹介

筑紫もちの美味しい食べ方は「冷やす&袋にひっくり返す」に決定!絶品です。

 

"no-img2″
おばけ

どうも!お餅が大好きな風街おばけ(@obake_kzmc)です。

 

福岡・博多のお土産としても有名な、筑紫もち(読み方:つくしもち)

 

おそらく、封を開けて黒蜜をかけてパクッと食べてる、という人がほとんどだと思います(というか、それが普通)

 

しかし、筑紫もちは「冷やす&袋にひっくり返す」という一手間を加えて食べるだけで、美味しさがグッとアップするんですよ!

 


常温OKの筑紫もちを、あえて冷やす

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

僕は、数年前に福岡のお土産として友人から「筑紫もち」をいただき、そのあまりの美味しさにすっかり大ファンになりました。

 

それ以来、アマゾンや楽天を使って定期的にお取り寄せして食べています。

 

つい先日も、いつもの通りネットでポチッて筑紫もちをゲットしました。

 

 

筑紫もちは “賞味期限は、製造日から常温で30日間”と公式サイトにあるように、比較的日持ちします。(もちだけに)

 

しかし、この夏はあまりにも暑い!猛暑すぎる…!

 

腐ったらヤバイと思い、念のためにとテーブルに置きっぱなしにすることをやめて、冷蔵庫へと避難させました。

 

 

それが「冷やして食べる」との出会いだったんです。

 


筑紫もちの美味しい食べ方は「冷やす」だけ

 

筑紫もちは冷蔵庫で冷やすだけで、かなり絶品になります。

 

ただでさえ美味しい黒蜜が冷えることにより、スイーツ感が一気に増すんですよ!

 

冷やしたことによってもちが固くなる、といったデメリットも特になく、常温で食べるときと変わらずプルプルとしています。

 

冷たくなった分、アイス感覚で食後のデザートにもぴったりですよ。

 

特に暑い季節にはもってこいですね!

 

「袋に中身をひっくり返して食べる」とのコンボで、さらに美味しい

 

筑紫もちの普通の食べ方は、下の写真のように容器に黒蜜をたらして食べるのが一般的です。

 

 

 

しかし、筑紫もちと仕様が似ている「桔梗信玄餅」の公式サイトには「袋にひっくり返して食べる」という、一風変わった食べ方が紹介されていました。

 

 

僕が知らなかっただけで、ポピュラーな食べ方なんでしょうか?

 

動画もあったので、こっちを見た方がわかりやすいと思います。

 

www.youtube.com

 

こうすることによって

 

  • お皿が要らないので片付けが簡単
  • 黒蜜をより餅に染み込ませることができる

 

というメリットがありますね!

 

 

筑紫もちにも使えるテクニックなので、さっそく試してみましたが…良い!!

 

この食べ方すごく良いぞ!

 

 

黒蜜を普通に上からかけるよりも浸透率が高く、もち全体にいきわたります。

 

さらに下に溜まったきな粉にも黒蜜が絡んでくれるため、いつもは余りがちなきな粉も、しっかり残さず食べることができます。

 

 

「冷やす&袋にひっくり返して食べる」のコンボ技で、筑紫もちはさらに美味しく食べることができますよ!

 

筑紫もちの美味しい食べ方/まとめ

 

ただでさえ美味しい「筑紫もち」ですが

 

  • 冷蔵庫で冷やす
  • 袋に中身をひっくり返して食べる

 

を組み合わせることによって、より絶品になることが分かりました。

 

 

あまりにも美味しいので、僕は夜な夜な冷蔵庫から取り出し、黙々とひっくり返していますw

 

成分表によると、筑紫もち1個(38.9g)当たり114カロリーあるらしいので、爆食いして太らないように気をつけなば…!

 

 

筑紫もちはアマゾン・楽天からも買えるので、まだ食べたことないという人には、全力でおすすめですよ!

 

 

こんな記事もおすすめ