すみっこから

身も心も小綺麗な生き方を目指す雑記

MENU

【ドッペルゲンガー】を見たときの対処法(本人・他人含めて)まとめ


 

"no-img2″
おばけ

どうも、風街おばけ(@obake_kzmc)です。

 

突然オカルトチックな話で申し訳ないのですが、僕にはドッペルゲンガーがいるらしいんです。(冗談抜きで)

 

 

この前ボーリングしてたでしょ?

 

先週TSUTAYAにいたでしょ?

 

昨日ラーメン屋いたでしょ?

 

 

...。

 

あーもう!!!

それ全部僕じゃない!!

 

 

高校までは「まぁ、世の中広いし似てる人もいるよね」ぐらいの感覚でした。

 

しかし、まわりが車の免許をとり行動範囲がグッと広がった専門学校時代あたりから、めちゃくちゃ言われるようになったんです。

 

それは、すっかりサラリーマンになった現在も進行形なんですよ。

 

 

 呆れるぐらい本当によく言われます。

 

それも「似てるとかのレベルじゃなく、本人にしか見えなかった」そうなんですよ。

 

 

なんかこのままだといつかばったり遭遇した時にヤバイ気がしてきたので、ドッペルゲンガーを見てしまった場合の対処法(本人・他人含めて)をまとめました。

 

 

"no-img2″
おばけ

何気に本気で怖がってます...。

 

そもそもドッペルゲンガーとはなにか

ドッペルゲンガーとは、ドイツ語で「重なって歩く者」という意味があり、自分自身を第三者目線で目撃する現象です。

 

双子や自分と顔が似ている他人に対しては使われず、あくまで自身の分身と遭遇した場合にだけ用いられます。

 

常識的には起こり得ない現象であるため、心霊現象や超常現象のひとつに数えられています。

 

引用:GIBEON

 

真偽は不明ですが、著名人だと

 

  • 芥川龍之介(日本/小説家)
  • エイブラハム・リンカーン(アメリカ/第16代大統領)
  • ゲーテ(ドイツ/詩人)
  • ギ・ド・モーパッサン(フランス/作家)

 

などがドッペルゲンガーを見たことがあると言われています。

 

 

"no-img2″
おばけ

「芥川龍之介はドッペルゲンガーを見たせいで死んだ」という説もあるらしいよ!(怖っ)

 

僕のドッペルゲンガーの3つの特徴

 

今まで僕のドッペルゲンガーを見た人の話を聞くと、3つの共通点があります。

 

それは

 

  • 高確率で薄ピンクのシャツを着ている
  • 単独ではなくいつも誰かといる(一緒にいるのは知らない人)
  • こちらに気づくと慌てて離れていく

 

というもの。

 

 

薄ピンクのシャツは確かに持ってはいますが、たいしてお気に入りでもないのでそんなしょっちゅう着てはいません。(というか僕は超インドア派なので、そもそも外へ全然出ません)

 

 

 

一緒にいるという謎の人物は毎回固定ではなく何人かいるようで、雰囲気的には同年代の友達といった感じらしい。

 

しかし会話をしているところは一度も見たことなく、ただ一緒にいるだけなようです。

 

中にはカワイイ女の子と一緒にいる場合もあるそうですよ。

 

 

「見かけたけど知らない人と一緒にいたから声かけなかった」

 

「この前ラウンドワンいたでしょ?一緒にいたの彼女?カワイイね!」

 

 

といった類のこともよく言われますが、やっぱり僕じゃないんです。(ドッペルの分際でモテてんじゃねえ)

 

 

上2つだけの情報だとただ単に僕と顔がそっくりなイケイケ君って感じですが、引っかかるのは3つ目です。

 

 

友達が僕(ドッペルだけど)に気付くと、いつも「やべっ...!」って感じで慌てて逃げていくそうなんですよ。

 

話しかけようとしたわけでもなく、ただ単に気付いただけであっちは仲間とともにスタスタ行っちゃうそうです。

 

 

これはもう確実にドッペル側が僕の友達を認識していて、接触されないようにしているとしか思えません。

 

向かってこないだけマシですが、その一緒にいるという仲間含めて不気味です。

 

 

幸い人見知りな性格のおかげで(?)

 

「話かけるなオーラ出しすぎw」みたいな笑い話で終わることが多いのですが、もし友達がアレを僕のドッペルゲンガーだと認識すると、なにかされちゃうんじゃないかと怖くなります。

 

 

僕も慌てて逃げたと思われるのは心外なので、毎回全力で僕じゃないと否定はしていますが、それをウソと思う人がいるぐらい僕にしか見えないようですよ。

 

 

"no-img2″
おばけ

ってかドッペルゲンガーの方がリア充感あってちょっと嫉妬...!

 

他人(友達)のドッペルゲンガーを見てしまった場合の対処法

 

僕の事例でいうところの、僕のドッペルゲンガーを見てしまった友達はどういう対処法をとるのが適切なのか調べてみました。(参考サイト

 

 

しかし、他人目線からのこれといった具体的な対処法は見当たらず、結論から言うと特になにもしなくていいようです。

 

他人のドッペルゲンガーを見たからと言って、特に自身に害があるという訳ではないようですね。

 

 

ただ、所説によると霊感の強い人なんかは「ドッペルゲンガーの対象となっている人が近いうちに死ぬという知らせ」から見える場合があるようですw

 

いわゆる虫の知らせってやつですね。

 

 
ひえーっ!!ぼ...僕は死ぬんでしょうか??

 

 

しかし、そうなると僕はすでにドッペルの存在を意識し始めてから何年もたっているのでその諸説からは外れます。

 

 

僕がただ単に頑丈なんでしょうか?

 

とりあえず、ちょっと安心。

 

 

見た方も害はないとはいえ図らずとも心霊現象を体験しているわけですし、ドッペルゲンガーと絡んで得するとも思えないので、直接的な接触は避けた方がよさそうですね。

 

個人的にはこっそり写真でも撮ってもらってどれぐらい似てるのか確かめたいところですが、盗撮は犯罪なのでやめましょう。

 

 

"no-img2″
おばけ

シカトするのが1番だね。ドッペルあっちいけシッシッ!

 

自分のドッペルゲンガーを見てしまった場合の対処法

 

もし自分のドッペルゲンガーを見てしまうと「近いうちに死ぬ」「ドッペルゲンガーに殺される」といった説があるようです。

 

 

ぎゃー!

死ぬのはまだしも殺されるのは勘弁...!!

 

 

では、実際に僕が僕自身のドッペルゲンガーと遭遇してしまった場合はどういった対処法があるんでしょうか。

 

調べてみると出てきましたよ。(参考サイト

 

 

ドッペルゲンガーと遭遇したら

 

 

  • 罵倒する
  • 心臓を狙って一撃で仕留める

 


だそうです。

 

 

いやいやできるかい!!

 

 

いくらドッペルとはいえ、なんで自分と同じ顔したヤツを罵倒して心臓に一撃お見舞いしなきゃいけないんだ..。

 

悲しすぎるだろ!

 

もっと平和的な対処法はないのか、と思ったらありました。

 

 

  • 素早く家に帰って眠る

 

 

そんなんでいいんかい!!

 

 

これならできる。

 

ってかそれでほんとにいいの?って感じですが、とりあえず僕は万が一僕のドッペルゲンガーと遭遇したら速攻で家に帰って眠ろうと思います。

 

 

"no-img2″
おばけ

ドッペルゲンガーも争いは望んでないのかもしれない...!

 

正体はめちゃくちゃ似てるそっくりさんかも?

 

ドッペルゲンガーについて調べてみると、こんな記事を見つかました。

 

karapaia.com

 

読んでいただければわかりますが、マジで同一人物じゃん!ってぐらい似てますw

(兄弟や双子ではありませんよ)

 

 

参考までに数枚引用させていただきますね。

 

引用:カラパイア

 

引用:カラパイア

 

 

動画もあったので載せておきます。

 

www.youtube.com

 

ビックリするぐらい超そっくり...!

 

このレベルで似ていたら本人と勘違いしても仕方ないでしょう。

 

 

もしかすると「こちらに気づくと慌てて離れていく」という特徴はただの意識しすぎな勘違いで、正体はめちゃくちゃ僕に似ている人ってだけかもしれません。

 

仲間も含めてクールで無口な性格してたらあんまり喋らないだろうし!(無理やり)

 

 

"no-img2″
おばけ

むしろそうであってくれ!

 

ドッペルゲンガーの対処法/まとめ

 

もしもドッペルゲンガーを見てしまったときの対処法は

 

【他人のドッペルゲンガーを見た場合】

  • 特になにもしなくていい(接触はしない方がいいはず)

 

 

【自分のドッペルゲンガーを見た場合】

  • 罵倒する
  • 心臓を狙って一撃で仕留める
  • 素早く家に帰って眠る(実質これしかない)

 

ということが分かりました。

 

自分自身のドッペルに遭遇したことはないので断言はできませんが、とりあえず僕は死に関する所説からは外れているっぽいので一安心しています。

 


もしこのブログやツイッターがなんの前触れもなく長期間更新されなかったら「あぁ、おばけ君はついにドッペルゲンガーと対峙してやられたんだな」と弔ってやってください。

 

 正体がただのそっくりさんだったら記念写真の1枚でも撮って、仲間にいるというカワイイ子を紹介してもらおうと思います。

 

 

こういうオカルト・不思議な話がお好きな人は、こちらもどうぞ!

 

 

 

"no-img2″
おばけ

今まで散々悩まされてきたんだからそれぐらい頼むぜドッペル!