生活の知恵

映画館の座席のおすすめはココ!「見やすいベスト席」の選び方まとめ

映画館の座席のおすすめはココ!「見やすいベスト席」の選び方まとめ映画館の「見やすいおすすめ席」
おばけ
おばけ

どうも!おばけです。

この記事を読めば「映画が見やすいおすすめの座席」が分かりますよ!

みなさんは劇場で映画を見るときに、お気に入りの座席ってありますか?

僕は月に1~2回は映画を見に行くので、座席にはかなりこだわりがありますw

せっかくお金を払って映画を楽しむなら、ベストなポジションで楽しみたいですよね!

僕は前に「どうせよく見に行くなら」と、実験がてら1番見心地のいい座席を探してみたことがあります。

前列・中列・後列と列を変えたり、右側・中央・左側と位置を変えたりと、かなりの席を検証してみること約1年…。

「ここだ!」と確信もをっておすすめできる席を発見しました。

ということで、この記事では

  • 映画が1番見やすいおすすめベスト座席
  • 2番目におすすめしたい座席
  • シーン別(子供連れ、カップルのデートなど)おすすめ座席の選び方
  • 余裕をもって座席(チケット)を確保する方法

などを詳しく紹介していきます。

映画が見やすいおすすめ席が知りたい!」という人は、ぜひ選び方の参考にしてください。

映画館で1番おすすめな見やすい座席は「中央より少し後ろの列の中央座席」

映画館で1番おすすめな見やすい座席は「中央より少し後ろの列の中央座席」おすすめは「中央より少し後ろの列の中央座席」

結論からいうと、映画館で1番おすすめな見やすい座席は

中央より少し後ろの列(2~3列)の中央部分の座席

です。

下の座席表でいうと、H~Jあたりの列ですね。

映画館座席表出典:シネプレックス小倉

「なんで中央より少し後ろなの?」と疑問に思った人もいるでしょう。

そこも踏まえて、理由を詳しく解説していきますね!

中央列より少し後ろの列は穴場スポット

「映画館の見やすい座席 = 中央列の中央座席」というイメージがありませんか?

確かにそれは正解です。

姿勢的にも目線的にも負担がなく、快適に映画を楽しめるベストな座席です。

では、なぜ少し後ろの列をおすすめするのかというと、中央列の中央座席には

  • 人気があって確保しづらい
  • 左右にカップル・ファミリー(子供)が座りやすい
  • 人が集中しやすく周りの雑音で気が散りやすい

といったデメリットがあるんです。

その辺が気にならない人は大丈夫ですが、子供の騒ぐ声、食べ物をクチャクチャする音、貧乏ゆすりの振動…などなど。

こういった、 映画を見るうえで気が散る状況に出くわす確率が非常に高い んですよ。

座席自体には、何の問題もありません。

ただ、人気がある座席だからこそ左右の環境が悪くなりがちなんです。

僕の体験談でいえば、シリアスな映画を見ているのに横に座ったカップルのヒソヒソ声が気になって雰囲気ぶち壊しなこともありました。

だからこそ、中央列より少し後ろの列なんです!

スクリーンや映画館の大きさにもよりますが、 中央列から2~3列後ろに座っても、見心地の快適さは大して変わりません。

それなのに、客層はグッと良くなる印象です。(落ち着いて見たい大人が多いイメージ)

中央列と比べると人気もないので、左右に人が座らないこともよくあります。

映画を見るうえで、自分の左右に座る人のマナーはとても大事。

快適さに大した違いはないので、「中央列より少し後ろの列」を狙いましょう。

おばけ
おばけ

中央列の中央座席ほど人気はなく、それでいて快適。穴場スポットのような座席だよ!

リラックスした姿勢でスクリーン全体を見渡せる

中央列の付近は、ほかの列と比べて見上げることも見下ろすこともなく、正面から映画を楽しむことができます。

前列に座るとスクリーンを見上げる姿勢になるため首が疲れやすく、おまけに見終わったあとは目まで疲れてしまう可能性あり。

(特に字幕映画だと、映像に加えて文字まで追う必要がありますからね)

後列は前列ほどの負担はありませんが、スクリーンが小さく見え映画の迫力が減少してしまいます。

中央から少し後ろの座席はスクリーンの高さと目線の高さが同じぐらいなので、首や姿勢に負担がかかりません。

そのため、非常にリラックスした体勢でスクリーン全体を快適に見渡すことができるんです。

おばけ
おばけ

最前列で字幕洋画を見たときは、かなり疲れたので絶対おすすめしませんw

臨場感ある音響(サラウンド音声)を楽しめる

最近の映画の音響設備は「5.1chのデジタルサラウンド」がメインとなっています。

「5.1chのデジタルサラウンド」とは
  1. 3つのスピーカー(前方)
  2. 2つのスピーカー(後方)
  3. 1つのサブウーハー(低音専用)

という、計6つのスピーカーからなるサラウンド音声のこと。

すべてのスピーカーが位置は違えど中央を向いているので、音が映画館の中央に集まる。

迫力ある音響は、劇場で映画を見る醍醐味ともいえますよね。

もちろん端っこでも聞こえますが、中央席と比較すると結構な差があります。

(自由席でガラガラの映画を見るときに、座席を変えて聞き比べるといいかも)

特に音楽やアクションシーンがウリの映画は、音響でかなり善し悪しが変わってきますよね?

せっかくの映画館で音響を最大限に楽しむためにも、 座席は音が集まる中央がおすすめです。

おばけ
おばけ

臨場感ある音響は映画を何倍にも盛り上げるから、なるべく中央に座ろう!


映画館おすすめ座席「中央より少し後ろの列の中央座席」の3つのデメリット

映画館おすすめ座席「中央より少し後ろの列の中央座席」の3つのデメリット3つのデメリット

上でいろいろな理由から映画が見やすい座席として「中央より少し後ろの列の中央の座席」を紹介しました。

しかし、良いことばかりではありません。

少なからず3つのデメリットもあるので、ご紹介します。

デメリット01. トイレに行きづらい

トイレ問題は、中央の座席に座るときには避けて通れないデメリットですねw

上映途中に席を立つと、通りづらいわ人目につくわで大変。

しかし、それを避けるため端の座席に座ると、映画が見にくくなってしまうという…。

本末転倒もいいところです。

そうならないためにも上映前にトイレは済ませて、いい座席で映画に集中できるようにしておきましょう。

おばけ
おばけ

トイレが近い人は、上映中に飲みすぎないように注意しましょう!

デメリット02. 映画館の傾斜によっては首が疲れる

僕が体感した限りだと、1番見やすいとされる中央列から2~3列後ろに下がっても、見心地に大差はありませんでした。

しかし、 傾斜がキツイ映画館の場合はスクリーンを見下ろす体勢となり、首が少し疲れてしまう可能性 もあります。

ほとんどの映画館が問題ないと思いますが、傾斜に敏感な人は気になるかもしれません。

おばけ
おばけ

それでも、前列のスクリーンを見上げる体勢よりはだいぶマシだと思うよ!

デメリット03. 人気映画の場合は左右にマナーの悪い人が座る場合もある

上で「中央列の中央座席」のデメリットとして、左右に座る人のマナー問題をあげました。

しかし、人気映画の場合は「中央より少し後ろの列の中央座席」にも残念ながらそれが当てはまってしまいます。

中央列付近は、どうしても人が集まりやすいスポット。

たとえ少し後ろの列に下がったとしても、人気映画の場合は人口密度が上がってしまいます。

よって、マナーの悪い人がお隣さんになる確率も必然的にアップしてしまうんですよ。

(子供やファミリー層が集まりやすいアニメ映画は特に!)

こればっかりは仕方のない問題ですが、僕は

  • 公開されてしばらく期間を空けてから見に行く
  • レイトショーを見に行く
  • 平日に見に行く

といったスタイルをとって、極力人の少ないときを狙って見るようにしています。

おばけ
おばけ

平日のレイトショーの空いてるしお客さんはほば大人だから、だいたい落ち着いて見れるよ!


映画館で2番目におすすめ座席はどこなのか

映画館で2番目におすすめ座席はどこなのか映画館で2番目におすすめ座席

上では、映画館で1番おすすめの座席は「中央より少し後ろの列の中央座席」だと思う理由をまとめました。

では、次は 2番目におすすめ座席 はどこになるのか考えてみましたよ!

もちろん好みにもよりますが、個人的には

  • 中央列の左右の座席
  • 中央列より少し後ろの列の左右の座席

だと思います。

やはり、 左右に寄っているとはいえ姿勢や目線に負担がかからない中央付近の列は、スクリーンに集中しやすくとても見やすい ですね。

そしてなにより、空いている確率が意外と高い座席でもあります。

音響のバランスが少し悪いといったデメリットはありますが、気が散ることなく映画を楽しめるというメリットもありますよ。

おばけ
おばけ

やっぱり体勢・見やすさ・音響を考えると、中央付近は圧倒的にストレスが少なく見ることができるよ!

映画館の見やすい座席ランキング5

映画館の見やすい座席ランキング5映画館の見やすい座席ランキング5

「左右のお客さんのマナー問題」や「人が集中しやすい問題」といった点は、ひとまず無視!

ただ単純に、「映画館の見やすい座席ランキング5」を考えてみました。

これは、あくまでも僕個人の体感です。

ですが、前列・中列・後列と列を変えたり、右側・中央・左側と位置を変えたりと、約1年かなりの席に座って映画を見たのでズレはそこまでないはず!

結果はこんな感じになりました。

  1. 中央列の中央座席
  2. 中央列より少し後ろ(2~3列)の中央座席
  3. 中央列の左右座席
  4. 中央列より少し後ろ (2~3列)の左右座席
  5. 後列の中央座席

やはり、中央列付近はダントツで見やすいですね!

前列は、どうしても見終わった後にかなり疲れる印象なのでランク外。

前列で見るぐらいなら、最後列で見るほうが圧倒的に負担がありません。

後列になるにつれ客層は落ち着いてる人が多く、環境としても見やすいですよ。

おばけ
おばけ

どこの座席がいいか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてね!


【シーン別】映画館おすすめ座席の選び方

【シーン別】映画館おすすめ座席の選び方【シーン別】おすすめ座席の選び方

基本的に映画が見やすいおすすめ座席は、上で書いたとおり「中央より少し後ろの列の中央座席」の一択です。

しかし、 シーン別(子供と見る場合、カップルで見る場合、など)に絞っておすすめの座席 を考えてみました。

ひとりで見る場合

おすすめ座席:中央より少し後ろの列の中央座席・後列の中央座席

ひとりで見る場合は、「中央より少し後ろの列の中央座席」がおすすめします。

理由は上たくさん書いた通りw

1番映画が見やすい座席だからです。

  • 周辺に人がいるのがイヤだ
  • ひとりで落ち着いてのんびり見たい

という人は、「後列の中央座席」もおすすめです。

僕は迫力ある映像を楽しみたい映画は中央寄りの列、世界観を楽しみたい映画は後列、という感じで座席を別けて見ています。

おばけ
おばけ

映画の雰囲気にあわせて座席を変えるのも楽しいよ!

ファミリー(子供連れ)で見る場合

おすすめ座席:前列の左右座席

子供連れのファミリーが映画を見る場合は、「前列の左右座席」をおすすめします。

前列といっても最前列ではなく、前の方の列という意味です。

最前列だと子供も親も映像に酔ってしまったり、席を立つときに悪目立ちするので注意!

前列の左右座席のポイントとしては

  • 子供がトイレに行きたがったときや泣きだしたときに、すぐ対処できる(入口が近いので)
  • 前列の方がスクリーンが近く圧倒されるので、子供が集中しやすい
  • 前列はファミリー層が多いので座りやすい

というメリットもあります。

後列は落ち着いて見たい大人が集まる傾向があるので、まだ子供が小さく騒ぎ出す可能性があるときは避けるのが無難です。

おばけ
おばけ

なにかと対処しやすいことを考えると、 前列の左右がベスト!

カップル(デート)で見る場合

おすすめ座席:後列の中央座席・後列の左右座席

カップルのデートとして観る場合は、「後列全般の席」をおすすめします。

後列のポイントとしては

  • 平日・休日・時間帯問わず空いている
  • 落ち着いてみたい大人が多い(マナーがいい)
  • 周辺に子供が座ることが少なく静か

といったメリットがあります。

人目を気にすることなく、気が散ることなく映画を楽しめる席なのでデートにはピッタリ。

スクリーンが遠いというデメリットはありますが、カップルとして見にきているなら2人の時間を楽しめる後列がいいでしょう。

おばけ
おばけ

後列でのんびり映画デートって、自分たちだけの世界に入りやすくて雰囲気がとってもいいよ!

余裕をもって映画館の座席(チケット)を確保する方法

余裕をもって映画館の座席(チケット)を確保する方法余裕をもって座席(チケット)を確保する方法

意外と知られていませんが、 映画のチケットはオンラインから簡単に予約できます。

もちろん、座席も指定することが可能!

クレジット決済がメインとなりますが、かなり便利ですよ。

当日いきなり発券機に並んでチケットを買うよりも、手続きもスムーズなのでかなりの時短にもなります。

見たい映画と日付が決まっている人は、ぜひオンラインからチケット購入してみてください!

おばけ
おばけ

余裕をもって好きな席を確保できるから超快適だよ!

映画館の座席のおすすめはココ! 「見やすいベスト席」の選び方/まとめ

今回の記事

「映画館の座席のおすすめはココ!「見やすいベスト席」の選び方まとめ」

をまとめると…

この記事のまとめ
  • 映画館で1番おすすめな見やすい座席は「中央より少し後ろ(2~3列)の列の中央座席」
  • 2番目におすすめ座席は「中央列の左右」か「中央列より少し後ろの列の左右」
  • ファミリー(子供連れ)で見る場合のおすすめ座席は「前列の左右」
  • カップルのデートで見る場合のおすすめ座席は「後列の中央」か「後列の左右」
  • 余裕をもって映画館の座席(チケット)を確保するにはオンライン予約が便利

という感じです。

「映画が見やすいおすすめ席が知りたい!」という人は、ぜひ選び方の参考にしてくださいね。

こんな記事もおすすめ