生活の知恵

「モーニングページ」を習慣にして10日。朝の5分で実感した効果【体験談】

「モーニングページ」を習慣にして10日。朝の5分で実感した効果【体験談】「モーニングページ」を習慣にして実感した効果
おばけ
おばけ

どうも!おばけです。

この記事を読めば「モーニングページを習慣化して実感した効果」が分かりますよ!

朝起きると真っ先にスマホをいじっている自分に嫌気がさし、「モーニングページ」をはじめてみました。

まだ書きはじめて10日しか経っていないのですが、これが結構楽しいんですよ!

先にいっておきますが、僕は別に意識高い系ではありません。

「最近はスマホしか使ってないから、たまには文字でも書くか」ぐらいの軽いノリではじめましたw

ですが、これが思ってもみなかった良い効果を実感できたんです。

この記事では

  • モーニングページを習慣にする方法
  • どんなことを書いているのか
  • 書くのにどれぐらい時間をかけているか
  • 実際にやってみて実感した効果

などを詳しく紹介していきます。

モーニングページの効果が気になる!」という人は、ぜひ参考にしてください。

おばけ
おばけ

ノートとペンさえあれば誰でも簡単にできるよ!

「モーニングページ」とは

「モーニングページ」とは「モーニングページ」とは

「モーニングページ」とは、ジュリア・キャメロンさんが本の中で紹介しているものです。

ジュリア・キャメロンとは

アメリカでクリエイティブな活動(脚本・詩・小説の執筆や、映画製作など)をしているアーティスト。

最近では、「創造性をアップさせる方法」について教えるワークショップも開催している。

モーニングページをざっくりと説明すると

  • 感じたことを正直に書くことにより新しい気づきがある
  • 普段は眠っているクリエイティブな感性を育てる

といった効果があるといわれています。

モーニングページについて詳しく知りたい人は、ぜひこちらの本を読んでみてください。

おばけ
おばけ

なんかスピリチュアルな匂いがするけど、やることはノートに文字を書くだけだから安心してねw(詳しくは後述)


モーニングページの書き方・ルール

モーニングページの書き方・ルールモーニングページの書き方・ルール

本の中で紹介されているモーニングページの書き方・ルールは、

  • ノート・ペンを用意する(ノートのサイズは自由)
  • 朝起きてすぐ、心に浮かんでいることを3ページ書く(内容はなんでもいい)
  • 8週間経つまでは自分でも読み返してはいけない

というものです。

人に見せるものではないので、文章は思いつくままの書きなぐりでOK!

「朝ごはんはメロンパンが食べたい」とか「会社に行くのが面倒だから休みたい」とか、 本当に書く内容はなんでもいい そうですw

文字をキレイに書いたり、読みやすい文章を意識する必要もなし!

ただ、ノートのサイズは自由でいいので、 3ページ書く必要 があります。

なんにも書くことがない日は「なんにも書くことがない」という言葉で、3ページ埋め尽くしていいそうです。

キャメロンさん自身、「モーニングページの内容に、これは正しい・これは間違いなんてない」ということをいっていますよ。

とにかく、マジでなんでもいいから書け!ってことですねw

そして、なぜ起きてからすぐに書く必要があるのかというと

  • 余計なことを考えていない朝のスッキリした心が最適だから
  • クリエイティブな発想が生まれても、起きてから時間が経過していると「そんなのどうせ無理だ」という現実的でネガティブなセンサーが強くなるから

といった理由があるそうです。

繰り返し出てきているフレーズや心境を時間を置いて振り返るために 8週間経つまでは自分でも読み返しちゃいけません。

とにもかくにも、毎日続けることが大事なんだそうです。

おばけ
おばけ

思った以上に適当じゃない?(いい意味で)


僕が実践しているモーニングページの書き方・ルール

僕が実践しているモーニングページの書き方・ルール僕が実践しているモーニングページの書き方・ルール

僕はある程度の書き方ルールは守りつつ、もっと自分がやりやすいよう勝手にアレンジしています。

本当はダメなんでしょうが、そうじゃないと飽きて放置しそうなので続けるためのだ妥協案ですねw

かなりゆるいですが、僕のモーニングページのやり方はこんな感じです。

使用しているノートとペン

ノートは、家にストックがあった「STALOGY 1/2デイズノート」を使用しています。

特にこだわりがあるわけじゃありませんが、書きやすいので気に入っていますよ。

ペンは昔から愛用している、パイロットの「消せるポールペン」を使用しています。

4色もあり軽くて握りやすく、書き心地抜群ですよ!

書く場所

起きてすぐに机に移動し、もそもそ書いています。

最初は寝る前に枕元に置き、起きたらそのままべッドの中で書こうと思っていたのですが、寝相が悪すぎて床に落下させてしまうので断念しましたw

寝相のいい人は絶対に 布団の中にくるまりながら書いた方がラクチン だと思います。

書く時間は5分以内

朝は会社へ行く準備もあるので、5分以内でサクッと書いています。

(中には、毎朝20分ぐらい書く時間を確保している人もいるようです。すごい!)

考える必要なく思いつくままでいいとのとこなので、勢いのままバッーと書いていますよ。

もうほんと、書き殴りですw

そんな感じなので、 5分でも意外と結構な文字量 が書けますよ!

3ページも書かない

「どんな内容でもいいので3ページく必要がある」というルールですが、書いていませんw

正直、内容はどうあれ朝っぱらから3ページ分も文字も書くのは僕にはしんどかったです…(キャメロンさんごめん)

書くのは平均して1ページ程度。(文字も大きめ)

ひどいときは、2~3行しか書いていない日もあります。

とにかく、 ルールを崩してでも続けることを最優先 にしています。

書いている内容

なにも意識せず、頭に思い浮かんだことをひたすら書いています。

心配していること、嬉しかったこと、やりたいことなど、内容はほんとバラバラ。

全く統一性はなく、浅いことから深いことまで思いつくまま書いていますよ。

寝起きにすぐ書いているので正確には覚えていませんが(8週間経つまでは読み返せないので)内容としてはこんな感じです。

  • 食生活を見直したいこと
  • 最近ウナギが無性に食べたいこと
  • 職場での人間関係を良くしたいこと
  • 仕事を効率的に進めたいこと
  • 長らく会っていない友達に久しぶりに会いたいこと
  • 皮膚科に行きたいこと(背中ニキビがひどいので)
  • 顔痩せしたいこと
  • 平日でもゆっくりお風呂に浸かりたいこと

などなど。

こうやって見ると、我ながらなに書いてんだって思いますw

でも、これが意外と楽しいんですよ!

おばけ
おばけ

心の中でフワフワしている、まだ固まっていない考えを文字にしているイメージ。

なんだかクセになるよ!

モーニングページを10日間書いてみて実感した効果・感想

モーニングページを10日間書いてみて実感した効果・感想モーニングページを実感した効果・感想

まだモーニングページを書きはじめて10日しか経っていませんが、それでも書く前後じゃかなりの変化が起きました。

特に実感した効果を、体験談を交えつつご紹介しますね!

憂鬱だった朝が楽しみになった

今までの朝は「あぁ…今日も仕事か」という憂鬱なスタートが当たり前でした。

スマホをポチポチしながらSNSを眺め、ぼんやりとしたまま出社準備って感じです。

しかし、モーニングページを書きはじめてからは朝がくるのが楽しみになりました。

無理やり続けているわけでもなく、ただでさえ簡単なルールを僕はさらにアレンジしているので、負担は一切ありません。

歯を磨くのと当たり前なぐらい、あっという間に生活に溶け込みました。

それでいて今のところ楽しく続けられています。

感覚的には、ツイッターになにか投稿するノリ に近いかな?

ですが、頭を使わなくていいのでそれよりもっと気軽経にできる感じですね。

最近では、朝をもっと充実させるために「朝活」もはじめました。

細かいスケジュールなどを公開しているので、興味ある人は参考にどうぞ!

考えを実行に移す行動力がアップした

モーニングページをはじめてから、自分でもピックリするぐらい行動力がアップしました!

何気に、これが1番実感している効果です。

ぼんやり思っていたことが書くことによって印象づくのか、 今までだったら「まあいいや」でスルーしていたことにも意欲的になった んです。

具体的にいうと

「最近ウナギが無性に食べたいこと」を書く

→ 休日にウナギを食べに行った

「長らく会っていない友達に久しぶりに会いたいこと」を書く

→ 自分から連絡して会う約束をした

という感じ。

実際に食べたウナギ実際に食べたウナギ

たった10日間で、これだけ行動に移せました。

些細なことですが、普段インドア気味の僕からするとかなりの変化なんです。

日常の生活の中で「気にはなるけど実行には移さないこと」って結構ありますよね?

モーニングページを書くことによって、それらを実行するエネルギーがアップしたイメージです。

自分と向き合う時間ができた

今までの僕は、「自分と向き合う時間」を確保できていませんでした。

特に社会人だと

  • 朝は出社準備でバタバタ
  • 日中は仕事でバタバタ
  • 夜はyoutubeを見たりスマホをいじったり…
  • お風呂に入って就寝

という感じの生活パターンを送っている人も多いと思います。(僕はだいたいこんな感じですw)

しかし、そんな生活の中に5分だけでもいいので

  • 自分が何を考えているのか
  • なにをしたいのか

という、正直な気持ちに向き合う時間があるのはいいものですよ!

特に悩みがある人は、少し気が楽になりリラックスできると思います。

思いのままに向き合うことで、頭もスッキリしますよ。

日常の中に文字を書く時間を作れた

考えてみると、スマホかパソコンでしか文字を打っていない毎日。

自分の日常をじっくり思い返してみると

  • なにかの書類を記入するとき (年に数回程度)
  • クレジットカードで支払うときのサイン記入

これだけしか “手書きで文字を書いている時間” がありませんでした。

マジでこれだけ。

ヤバイ…このままでは漢字は忘れるし字もヘタになっていく!

モーニングページは、そんな “文字を書かないこと” がいつの間にか当たり前になっていた僕にとって心地いい新鮮さ でした。

久しぶりに字を書くと、 なんだか気持ちのいいものです。

あと、やってみて分かりましたが思考を停止してあれこれ考えず気の向くままに字をバァーっと書きまくるのは、ストレス発散になりますよ。

自分の悩み・思考回路のバターンに気づけた

モーニングページをはじめて、 何度も同じような内容を書いていることに気がづきました。

(8週間経つまでは読み返しちゃダメなので、覚えている範囲でですが)

意識はしていませんが、ずっと同じよう悩み・考えをループしていたようです。

そりゃあ頭や精神が疲れるはずですね.。

しかし、素直な気持ちを文字に書きまくることによって、自分の悩み・思考回路のパターンに気づけた気がしました。

それらを 発散(書くだけでスッキリすること多い)することによって、心に新しいスペース(空き容量)ができた 感じがします。

おばけ
おばけ

まだ書きはじめてたったの10日だけど、これだけの効果を実感できたよ。

特に行動カアップは超感じる…!


モーニングページを10日書いて実感した効果/まとめ

今回の記事

「「モーニングページ」を習慣にして10日。朝の5分で実感した効果【体験談】」

をまとめると…

この記事のまとめ
  • 「モーニングページ」 とはジュリア・キャメロンさんが紹介している朝のルーティーン
  • 書く内容はなんでもよくて自由だが、簡単なルールがある(毎日3ページ書きましょうとか)
  • 僕はルールをもっと簡単にアレンジして10日間書いてみた
  • いろいろなメリットがあったが、1番実感できた効果は「考えを実行に移す行動力のアップ」

という感じです。

1日たったの5分で、 なかなかのメリットを実感することができました。

(ルール守ってないのにw)

「モーニングページが気になる!」という人は、ぜひ参考にしてください。

こんな記事もおすすめ