すみっこから

身も心も小綺麗な生き方を目指す雑記

MENU

【朝活】とは?おすすめスケジュール&実感した5つのメリット大公開!


 

"no-img2″
おばけ

どうも!朝活をして生活が豊かになった 風街おばけ(@obake_kzmc)です。

 

突然ですが、みなさん毎朝何時に起きますか?

 

僕は毎朝5時に起きています。

 

5時といったらまだ薄暗く、きっとまだほとんどの人が睡眠中ですよね。

 

 

そんな時間にむくりと起きだし、7時までの2時間を朝活にあてています。

 

そうすることにより、以前とは比べものにならないほど1日が濃く、充実したものに変わったんです。

 

 

この記事では

 

  • 夜型人間だった僕が朝活をするようになった流れ
  • おすすめの朝活スケジュール
  • 実感した5つのメリット

 

をご紹介します!

 

 

"no-img2″
おばけ

スケジュール・メリットだけ知りたいって人は目次から飛んでね!

 

そもそも「朝活」とは?

 

そもそも朝活とは、その字のごとく「朝になにか活動すること」を意味します。

 

これをやるのが朝活!という明確な定義があるのではなく、パッと挙げただけでも

 

  • 勉強
  • 読書
  • カフェへ行く
  • 創作活動をする

 

など、人それぞれ様々な朝活スタイルがあります。

 

 

馴染みのない人はなんとなく、「意識高い系の人がやるもの」というイメージがあると思います。

 

僕も、はじめるまではそうでした。

 

 

しかし朝活とは「早寝早起きして仕事や学校に行く前の時間を有効活用し、生活を充実させること」だと考えています。

 

 

だから僕は、youtubeみたり猫と遊んだり...ってのも朝活の内にいれていますよw

 

それが朝活!?と思われそうですが、それによって僕の生活はすごく充実するので立派な朝活です。

 

 

ね?別に意識高いものじゃないでしょ?だから構える必要なし!

 

朝活とは誰でも気軽に始められ、慣れさえすれば誰でも簡単に継続できるものなんです。

 

 

"no-img2″
おばけ

朝ゆっくり過ごせるってだけで、かなり生活にゆとりが生まれるよ!

 

どういう流れで夜型人間が朝活をするようになったのか

 

そもそもの僕は夜型生活で、朝活なんてできるような人ではなかったんです。

 

学生時代は夜中1時に眠り、7時に目覚めるという生活でした。

 

 

しかし、徐々に寝る時間が0時、23時半、と早くなっていき、現在では23

時に寝て5時に起きるという生活スケジュールになっています。

 

睡眠時間の平均は昔から6時間前後ですね。

 

 

 

なぜそうなったかというと、仕事の疲れに体力が追い付けず夜更かしができなくなってしまったんです。

 

社会人の方なら結構あるあるかもしれませんね。

 

 

ゴロゴロしながらスマホいじっていたつもりが、いつの間にか寝落ちしていた...なんてことも多々ありました。

 

こうして僕は仕事の疲れのせい(おかげ?)で、半ば強制的に早寝早起きするようになり、朝型人間へと変わったのです。

 

 

夜型だけど朝活に興味がある人は自分の生活スケジュールを見直し、夜間の削れる時間(寝る前のネットサーフィンやスマホいじりをやめる、など)を探してみてはどうでしょうか?

 

 

15分~30分ぐらいの感覚で、徐々に早く寝るよう身体を慣らしていくのがオススメです。

 

睡眠時間を削るのは身体によくないので、睡眠時間はそのままにゆっくり早寝早起きにチェンジしていきましょう。

 

 

"no-img2″
おばけ

慣れてしまえばこっちのもんだよ!

 

なぜ朝活をするようになったのか

 

僕は7時から出勤準備を始めれば十分会社に間に合うので、5時に起きると自由に使える時間が2時間もあるということになります。

 

 最初は2時間ずっとベッドでゴロゴロしながら、スマホをいじっていました。

 

 

それはそれで最高なのですが、早寝早起きをしているだけで睡眠不足な訳ではないので、朝は頭が冴えているんです。

 

それもそのはず、脳科学者の茂木健一郎さんも著書でこんなことを書いていました。

 

「朝イチバンの脳の状態は入手した記憶が一度リセットされ、新たな情報を受け入れる準備もできているので、朝目覚めてからの3時間は、何か新しいことを始める上では最適な時間帯だと言えるわけです。


ゆえに朝の脳に良い刺激を与えることで、フレッシュな気持ちで仕事や勉強に打ち込めるのです。

 

結果、1日の効率を何倍もアップさせることも可能になります。」


(出典:茂木健一郎著「脳を最高に生かせる人の朝時間」より)

 

 え??朝ってそんなにすごいの??

 

 

不思議なもんで頭がスッキリして、よし...なんかしよう!と思いが沸き上がる実感があったのですが、こういう理由からなんですね。(あの茂木さんが言ってるっていうプラシーボもあるかもしれませんがw)

 

 

そういう訳で、せっかくだし何か自分の身になることをと思い、朝活を始めました。

 

 

"no-img2″
おばけ

「効率を何倍もアップ」とか言われると惹かれるよね!

 

僕の朝活スケジュール(初心者におすすめ)

 

では、僕がどんな朝活スケジュールのもと生活しているのかというと...

 

  • 05:00:スマホの目覚ましで起床
  • 05:01:ベッドの中からスマホでSNSチェック
  • 05:10:庭に住み着いている猫と遊ぶ(寝てる猫を眺めてる)
  • 05:20:ブログを書く
  • 06:15:近所をウォーキング
  • 06:30:シャワー
  • 06:45:youtubeみながら朝食
  • 07:00:好きな音楽をかけて出勤準備スタート

 

毎日ざっくりとこんな感じです。

 

 

どうでしょうか。

いざこうやって表にすると、我ながらだいぶのんびりとした朝ですねw

 

実際、夜型生活を送っていたときとは考えられないぐらい時間に余裕があり、 充実度がかなりアップしました。

 

 

特に 05:10~06:15 までの時間が僕にとって1番の心が満たされた朝活時間で、今となってはなくてはならない時間です。

 

初心者の方は初めから「ジョギングしなきゃ!」や「勉強しなきゃ!」と考えるのではなく、まずは僕のようなゆるい朝活スケジュールを組んでみてはいかがでしょうか?

 

 

カツカツにスケジュールを詰め込むのではなく、1予定ごとに前後にはゆとりの時間を設けるのがポイントですよ。

 

 

近所を歩く15分のサクッとしたウォーキングについては、こちらにまとめました。

 

 

 

"no-img2″
おばけ

猫と遊んでブログを書くって流れが、個人的にすごく精神的に安らぐんだよねー。

 

朝活のメリット

 

ぼくが実際にやってみて実感した、朝活のメリット5つ紹介します。

インプット&アウトプットしやすい

頭がすっきりしている状態なので、吸収力が良くなにもかもがスッと入ってきます。

 

とにかくすごく捗るんです。

 

勉強(僕の場合は会社の資料作りでしたが)も1夜漬けなんかするより、さっさと寝て早く起きて朝活の中に取り入れるほうがよっぽど効率がいいのを実感しました。

 

長期的に取り組みたい事がある人や、ブログを書く、なにかを作るといった生産性のある作業をする人にはベストです。

 

1日の中で1番集力がある

ブログ書くにしてもネットサーフィンするにしても、とにかく1日の中で1番集中力がみなぎっています。

 

前日の夜には思いつかなかったようなことも寝てる間に情報が整理されるからか、ベストな答えを出せることが多くあるんですよ。

 

なので僕は迷いごとや考えごとがあると、極力この朝の2時間で決めるようにしています。

 

読書したり勉強したりする時間を作りたい方は、朝活の中に取り入れると良いでしょう。

 

僕は内容が小難しい本はあえて朝ゆっくり読むようにしていますw

 

時間に追われるストレスがない

朝に余裕があると、朝食や身支度など自宅でのタスク処理に時間を取られるとしても、それらを焦ることなく取り組めます。

 

営業職や接客業など準備に時間のかかる業種の方には特にいいんじゃないでしょうか。

 

急がなきゃ!って朝から思うことがないのは精神的に非常に楽です。

 

僕はたまに半身浴なんかしちゃってますw

 

 

身体に良い(特にお肌に良い)

朝型の規則正しい生活を送ると、ホルモンバランスが整い体調がよくなります。

 

夜型生活のころと比べるとかなり疲れにくくなり、日中に眠くなることもなくなりました。

 

そしてなんといっても、僕はニキビ肌で夜型生活だったころは常に顔のどこかにニキビがあったんです。

 

ですが、朝型になって1ヵ月目ぐらいから減り始めているのに気づき、2~3ヵ月目にはほぼなくなりました。

 

食事を見直していた時期でもあったのでそれも相まっての効果だと思いますが、今ではニキビもできにくく、人から肌を褒めてもらえるようにもなりました。

 

ニキビは高校時代からのコンプレックスだったので、何気に朝活をするようになってから1番うれしかったのはこれかもしれません。

 

優越感と充実感に浸れる

ほとんどの人はまだグースカピースカ寝てるというのに、自分は活動を始めている!という優越感と充実感に浸ることができますw

 

なんじゃそりゃって思われそうですが、実際そう実感したのだからいいでしょうw

 

以前よりも1日が長く、濃いものとなった感じがします。

 

薄暗い近所を散歩してみるのも乙なもので、灯りが付いてる家を発見すると「ご近所さんも朝活か!?」なんて仲間意識も生まれますよ。

朝活のデメリット

 

特にありません!

 

いやほんと個人的にはデメリットはないし、良いことだらけだからブログにも書いておすすめしてる訳なのですが、強いて挙げるとすれば

 

  • 生活スタイルを話すと老人扱いされる
  • 飲み会の後半は話が入ってこない(いつもは寝てる時間なので)
  • 夜遊びが苦手になる
  • 深夜のおもしろいテレビ番組がリアルタイムで見れない

 

 ぐらいでしょうかw

 

 

"no-img2″
おばけ

ジジイか!というツッコミはよくされれるよ!

 

まとめ

 

僕は出勤準備を始めるまでの2時間を朝活にあて、夜型生活を送っていたころとは無かった充実感を得ることができました。

 

初心者へオススメする僕のスケジュールを見ていただければわかりますが、朝活といっても特別すごいことはやっていません。

 

 

朝活について調べると、朝ヨガや朝勉強といった意識も敷居も高っ!となるものを勧める記事が多く(もちろんそれはそれで素晴らしい)僕のようなナマケモノには敬遠しがちです。

 

ですが、冒頭でも書いた通り朝活とは明確な定義はなく朝の時間を有効活用して生活を充実させるものだと僕は思っています。

 

 

撮りためたドラマを見るも良し!ペットと遊ぶも良し!家族と話すも良し!なんでもいいんです。

 

あなたが「朝充実してるなー!」と思える時間を過ごすのが1番なんです。

 

 

 会社(学校)に行く前にゆっくりした時間があるってのはいいもんですよ。

 

朝が待ち遠しくなるような、あなたの毎日が充実する、あなたなりの朝活ライフをぜひ送ってください。

 

 

"no-img2″
おばけ

ゆとりがある生活って最高!

 

 

 

◆この記事はいかがでしたか?

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

もし、この記事を気に入っていただけたら読者登録やブックマーク(B!)していただけると励みになります。

 

 

 Twitterもやっているので、よかったら気軽にフォローしてくださいね!

 

 

 

◆あわせて読みたい

 

▼おすすめ記事まとめ

 

はじめて「すみっこから」を読みに来てくれた人へオススメ記事

 

www.sumicco.net

 

 

▼同じカテゴリーの人気記事

 

【ホットアイマスクおすすめ3選】疲れ目&ドライアに効果あり!値段や写真とともに徹底比較!

 

www.sumicco.net

 

 

【20分の徒歩通勤】驚きのダイエット効果&メリット・デメリット大公開!「汗・雨対策グッズ」やおすすめの靴・リュックも紹介!

 

www.sumicco.net

 

 

【朝1杯】白湯はすごいぞ!ダイエット&健康にも効果抜群の最強飲料

 

www.sumicco.net

 

 

だるさ・疲れがとれない人へ。1日1.5リットル水を飲むだけで解消するかも!

 

www.sumicco.net

 

 

【写真あり】前歯2本を「セラミック」に|値段や治療の流れも公開!(体験記)

 

www.sumicco.net