すみっこから

身も心も小綺麗な生き方を目指す雑記

MENU

【朝活】とは?実感した5つのメリットとおすすめスケジュール大公開


 

突然ですが、みなさん毎朝何時に起きますか?

 

僕は毎朝5時に起きています。

 

5時っていったらまだ薄暗く、夜と朝の狭間のような時間帯です。

 

きっとまだほとんどの人が睡眠中です。

 

そんな時間にむくりと起きだし、

7時までの2時間を朝活にあてています。

 

そんな早く起きるなんて単純に年寄りなんでしょと思われそうですが、僕はまだ20代です!(もう後半に突入してますがw)

 

ここではもともと夜型人間だった僕がひょんなことから朝型人間となり、空いた時間で朝活するようになるまでの流れと、実体験をもとに実感したメリットをご紹介しましすね。

 

長いのでメリットだけ知りたいって方は目次からどうぞ。

 

そもそも朝活とは

 

そもそも朝活とは、その字のごとく「朝になにか活動すること」を指します。

 

これをやるのが朝活!という明確な定義があるのではなく、勉強だったり読書だったりカフェへ行ったりと、人それぞれ様々な朝活スタイルがあります。

 

馴染みのない人はなんとなく「意識高い系の人がやるもの」というイメージがあると思います。

 

僕も始めるまではそうでした。

 

 

しかし、朝活はざっくり言うと早寝早起きして仕事や学校に行く前の時間を有効活用して生活を充実させることだと考えています。

 

だから僕はyoutubeみたり猫と遊んだりってのも朝活の中でやっていますw

 

それが朝活!?

 

と思われそうですが、それによって僕の生活はすごく充実するので立派な朝活です!

 

もちろん、たまに勉強や読書もやってますよ!(必死)

 

ね?別に意識高いものじゃないでしょ?だから構える必要なし!

 

朝活とは誰でも気軽に始められ、慣れさえすれば誰でも簡単に継続できるものなんです。

どういう流れで夜型から朝型になったのか

そもそもの僕は朝活なんてできるような朝型人間ではなかったんです。

 

ハタチを過ぎたあたりまでは、年相応に1時半に寝て7時半に起きるという日をまたぐヤンチャな生活パターンでした。

 

しかし、徐々に寝る時間が0時、23時半、と早くなっていき、現在では23時に寝て5時に起きるという生活パターンになっています。

 

睡眠時間の平均は昔から6時間前後ですね。

 

なぜそうなったかというと

 

単純に仕事に疲れて夜更かしができなくなったからですw

 

社会人の方なら結構あるあるかもしれませんね。

 

 

社畜だブラックだと騒ぐ声をよく耳にするこのご時世。

 

有難いことに、僕の勤めている会社は自分の仕事をちゃんと終わらせれば早朝出勤も残業もほぼありません。

 

しかし、僕は家から遠くの会社に勤めていて、出勤・退勤にはそれぞれ1時間半ぐらいかかってしまうんです。(なぜそんな遠くに住んでいるのかは今度また書きます。)

 

これじゃ残業してるのと変わらない...!疲れる!!

 

もともと超絶文科系で体力がないのもあるんですが、とにかくもう家に着くと眠くて眠くて仕方ないんです。

 

19時が定時なのに家に着くころには21時近くになっています。

 

ご飯食べて少し自分の時間を楽しんで(youtubeみたりね)お風呂に入ればあっという間に22時過ぎ。

 

ゴロゴロしながらスマホいじろうもんならアウト!

 

うとうとに負け、そんなことやってる時間あったら寝るわ!

 

ってな感じで即就寝。

 

こうして僕は睡眠時間はそのままに、体力の無さと仕事の疲れのダブルパンチで、夜早く寝て朝早く起きるという半ば強制的な感じで朝型人間に変わったのです。

 

 

夜型だけど朝活に興味があるって人は、自分のライフスタイルを見直して僕と同じように夜間の削れる時間(寝る前のネットサーフィンやスマホいじりをやめる、とかね)を見つけてみてはどうでしょうか?

 

15分、30分ぐらいの感覚で徐々に早く寝るよう体を慣らしていくのがオススメです。

 

睡眠時間を削っちゃっうのは良くないので、極力、睡眠時間はそのままにゆっくり早寝早起きにチェンジしていきましょ。

なぜ朝活をするようになったのか

 

僕は7時から出勤準備を始めれば十分会社に間に合うので

 

朝、自由に使える時間が2時間もある

 

ということになります。

 

 最初は2時間ずっとベッドでゴロゴロしながらずっとスマホをいじっていました。

 

それはそれで最高なのですが、早寝早起きをしているだけで睡眠不足な訳ではないので朝は頭が冴えているんです。

 

それもそのはず、脳科学者の茂木健一郎さんも著書でこんなことを書いていました。

 

 

「朝イチバンの脳の状態は入手した記憶が一度リセットされ、新たな情報を受け入れる準備もできているので、朝目覚めてからの3時間は、何か新しいことを始める上では最適な時間帯だと言えるわけです。
ゆえに朝の脳に良い刺激を与えることで、フレッシュな気持ちで仕事や勉強に打ち込めるのです。結果、1日の効率を何倍もアップさせることも可能になります。」


(出典:茂木健一郎著「脳を最高に生かせる人の朝時間」より)

 

 マジか!!朝ってすげぇ!

 

不思議なもんで頭がスッキリして、よし、なんかしよう!

 

と思いが沸き上がる実感があったのですが、こういう理由からなんですね。

(あの茂木さんが言ってるっていうプラシーボもあるかもw)

 

そういう訳で、せっかくだし何か自分の身になることをと思い、朝活を始めました。

僕の朝活タイムスケジュール

初心者におすすめ!ゆるい朝活スタイルです

05:00:スマホの目覚ましで起床

05:01:ベッドの中からスマホでSNSチェック

05:15:庭に住み着いている猫と遊ぶ(寝てる猫を眺めてる)

05:25:ブログ書いたりネットサーフィンしたり読書したり

06:20:シャワー

06:45:youtubeみながら朝食

07:00:好きな音楽をかけて出勤準備スタート

07:50:出勤(ひたすらバスに揺られる)

09:20:仕事場到着

10:00:仕事開始

 

毎日ざっくりとこんな感じです。

 

5時~7時まで2時間だいぶのんびりとした優雅な朝を過ごしていますw

 

特に 05:15~06:20 までの時間が僕にとっての1番の充実した朝活時間で、今となってはなくてはならない時間です。

 

猫はかわいい。正義です。

 

初心者の方は初めからジョギングしなきゃ!勉強しなきゃ!と考えるのではなく、まずは僕のような朝活スタイルから始めてみてはいかがでしょうか?

 

ゆるいですが、これはこれで充実感あっていいですよ。

 

 

【追記】最近は15分のサクッとしたウォーキングも始めました

 

朝活のメリット

 

ぼくが特に実感した朝活のメリット5つ紹介します。

インプット&アウトプットしやすい

頭がすっきりしている状態なので、吸収力が良くなにもかもがスッと入ってきます。

 

とにかくすごく捗ります。

 

勉強(僕の場合は会社の資料作りでしたが)も1夜漬けなんかするより、さっさと寝て早く起きて朝活の中に取り入れるほうがよっぽど効率がいいのを実感しました。

 

長期的に取り組みたい事がある人や、ブログを書く、なにかを作るといった生産性のある作業をする人にはベストです。

 

1日の中で1番集力がある

ブログ書くにしてもネットサーフィンするにしても、とにかく1日の中で1番集中力がみなぎっています。

 

前日の夜には思いつかなかったようなことも寝てる間に情報が整理されるからか、ベストな答えを出せることが多くあります。

 

僕は迷い事や考え事があると極力この朝の2時間で決めるようにしています。

 

読書したり勉強したりする時間を作りたい方は朝活の中に取り入れると良いでしょう。

 

僕は内容が小難しい本はあえて朝ゆっくり読むようにしていますw(理解力が乏しいの)

 

時間に追われるストレスがない

朝に余裕があると、身支度や自宅でのタスク処理に時間を取られるとしても、それらを焦ることなく取り組めます。

 

営業職や接客業など準備に時間のかかる業種の方には特にいいんじゃないでしょうか。

 

急がなきゃ!って朝から思うことがないのは精神的に非常に楽です。

 

僕はたまに半身浴なんかしちゃってますw

 

身体に良い(特にお肌に良い)

朝型の規則正しい生活を送るとホルモンバランスが整い体調がよくなります。

 

夜型生活のころと比べて疲れにくくなり、日中に眠くなることもなくなりました。

 

そしてなんといっても、僕はニキビ肌で夜型生活だったころは常に顔のどこかにニキビがオッス!ってな感じで鎮座していました。

 

ですが、朝型になって1ヵ月目ぐらいから減り始めているのに気づき、2~3ヵ月目にはほぼなくなりました。

 

食事を見直していた時期でもあったので、それも相まっての効果だと思いますが、今では全然ニキビができない体質になりました。

 

ニキビは高校時代からのコンプレックスだったので、何気に朝活をするようになってから1番うれしかったのはこれかもしれません。

 

優越感と充実感に浸れる

ほとんどの人はまだグースカピースカ寝てるというのに、自分は活動を始めている!という優越感と充実感に浸ることができますw

 

なんじゃそりゃって思われそうですが、実際そう実感したのだからいいでしょうw

 

以前よりも1日が長く、濃いものとなった感じがします。

 

薄暗い近所を散歩してみるのも乙なもので、灯りが付いてる家を発見すると「ご近所さんも朝活か!?」なんて仲間意識も生まれますよw

朝活のデメリット

特にない!

 

いやほんと個人的にはデメリットはないし、良いことだらけだからブログにも書いておすすめしてる訳なのですが、強いて挙げるとすれば

 

  • 生活スタイルを話すとジジイ扱いされる
  • 飲み会の後半は話が入ってこない(いつもは寝てる時間なので)
  • 夜遊びが苦手になる

 ぐらいでしょうかw

まとめ

 

僕は出勤準備を始めるまでの2時間を朝活にあて、夜型生活を送っていたころとは無かった充実感を得ることができました。

 

初心者へおすすめする僕のタイムスケジュールを見ていただければわかりますが、朝活といっても特別すごいことはやっていません。

 

朝活について調べると、朝ヨガや朝勉強といった意識も敷居も高っ!となるものを勧める記事が多く(もちろんそれはそれで素晴らしい)僕のようなナマケモノには敬遠しがちです。

 

ですが、冒頭でも書いた通り朝活とは明確な定義はなく

 

朝の時間を有効活用して生活を充実させることが朝活

 

だと僕は思っています。(いいこと言った)

 

撮りためたドラマを見るも良し!ペットと遊ぶも良し!家族と話すも良し!なんでもいいんです。

 

あなたが「朝充実してるなー!」と思える時間を過ごすのが1番なんです。

 

 会社(学校)に行く前にゆっくりした時間があるってのはいいもんですよ。

 

朝が待ち遠しくなるような、あなたの毎日が充実する、あなたなりの朝活ライフをぜひ送ってください。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。