すみっこから

身も心も小綺麗な生き方を目指す雑記

MENU

【写真つき】セラミックで出っ歯&すきっ歯な前歯を綺麗な歯並びにした!(前編)


 

僕は2017年3月にずっとずっと長年コンプレックスだった歯並びの悪い前歯2本(出っ歯ですきっ歯)をセラミックにしました。


治療からちょうど1年経ったので、記録として治療前~治療後、そして現在の前歯の様子を写真付きで記事にしました。


写真を載せるのはとても恥ずかしかったのですが、同じような悩みを持つ人に少しでも参考になればと思い、背水の陣で載せておりますw


前編の今回は

 

  • 僕の前歯コンプレックスヒストリー
  • 歯列矯正をやらなかった理由
  • セラミックのメリット・デメリット
  • 歯科医院を選ぶポイント

 

などをまとめています。


「治療の詳細やビフォーアフター写真が見たい!」って人は後編をどうぞ。

 

 

 

【写真付き】出っ歯&すきっ歯な前歯がコンプレックス

セラミック治療前の前歯

僕は自分の前歯が大嫌いでした。
こんな歯です。

 

▲まさかブログに載せることになるとは思ってもみなかったので、ヒゲやらニキビやらで小汚いのはご了承くださいw

 

▲裏からだと余計に歯並びの悪さが分かります。

 

正直、出っ歯だけならまだ耐えられたんです。


すきっ歯だけならまだ耐えられたんです。


出っ歯ですきっ歯なのがもう耐えられなかったんですw


前に出るわ隙間あけるわでもうグイグイと主張が強いこと強いこと!


人様の視線を一身に集めまくりです。


もう少し静かにしてなさいっての!

 

やっぱり目立つこの前歯

中学時代、親や友達に「前歯ヘンかなー」なんて尋ねると「言われないと気付かない」「気にならない」なんて優しい言葉をもらい、なんだ俺の気にしすぎかーテヘヘなんて安心していた時期もありました。

 

しかし、クラスメイト同士でお互いの似顔絵を描きあって遊んでいると、お調子者の子が描いた僕の似顔絵が2本の前歯が飛び出して宇宙まで伸びているというクレイジーな内容でしたw


さすがにそれは笑いましたが、同時に「やっぱ目立つんじゃん!」とショックを受け現実をガツンと思い知らされた感覚がありました。


いじめに発展することはなかったのですが、それからもちょこちょこと前歯を指摘されることがあり、笑って流しはしますが前歯は僕の中でかなりのコンプレックスになってしまいました。

歯列矯正をやらなかった理由

矯正器具を付けたくなかった学生時代

学生時代に親に頼んで歯列矯正も検討しましたが、僕の歯は全体的な歯並びが悪いわけではなく前歯2本だけが悪いんです。


その2本のためだけに親に高いお金を払わせる懸念と、なにより多感な学生生活の数年間をあの銀色の目立つ矯正器具と共に過ごすのか、と思うと勇気が出ず決心がつかず。


あんなの付けてたらモテるわけがない!

 

と結局青春を重視し装着を断念。


今の前歯は嫌だけど矯正器具付けるのも嫌だ、という心境のままを10代終えました。


まぁ器具関係なく結局モテなかったけどね!

 

目立たない歯列矯正もある

相変わらずの個性的な前歯のまま大人になった僕は、奥歯にできた虫歯の診察のために会社近くに歯医者はないのか調べていた時のことです。


なんとなく開いた歯科医院のサイトで歯列矯正はあの銀色の器具より目立たないモノでもできるという衝撃の事実が分かりました。

 


え?マジ?あんの?
ならやる!目立たないならやる!

 

 

ってことで、予約を取り虫歯治療がてら歯列矯正の相談に行くことに決定。

 

歯列矯正は金額が高く期間が長い

歯医者さん話を聞いたところ、歯列矯正は僕のように「あの銀色の矯正器具は目立つから嫌」という人や、仕事上の都合で矯正を悟られたくないという人も多いらしいです。(販売職や営業職など)


そんな人たちにもピッタリな、以下のような矯正法もがあると教えてくれました。

 

  • 白くて目立たない器具での矯正
  • 透明なマウスピースでの矯正
  • 歯の裏側から矯正する(表からは見えない)裏側矯正

 

いいじゃんいいじゃん!あるんじゃん!

 

透明なマウスピースで矯正しようと思った矢先、悲しい追加説明が発生。


なんでも、それらのやり方だと値段も高くなり矯正期間も長くなるらしい。


ちなみに僕の歯だとあの目立つ銀色の矯正器具を使った場合でも


合計金額:60万円前後
矯正期間:3年前後


ぐらいになるとのこと。

 


たっか!!期間なっが!!甘く見てたわ!

 


予算30万円以内で期間は1年以内、かつ目立たない、という治療内容を望んでいた僕はあっさり撃沈。


なにひとつ叶わないじゃないかってことで、あっさり歯列矯正を諦めました。(虫歯はちゃんと治しました)

 


ちなみに、この頃はまだセラミック治療の存在を知りません。

セラミックを知り、治療を決意

 

正直、噛み合わせや全体的な歯並びはどうでもいいから(よくないけど)この前歯2本だけを、ささっと治せないものかモヤモヤしていた頃です。


たまたまテレビで見かけたアイドルグループに、僕の前歯とそっくりの子がいたんです。


口が俺じゃん!

 

と勝手に親近感がわき、同じ前歯族として親心のような気持ちで活動を見守っていたのですが、あるとき、その子の前歯が突然キレイな歯並びになっていました。


え?前は矯正器具なんてつけてなかったぞ?なんでこんな短期間でキレイになってるの?


疑問に思い検索すると、どうやらセラミック治療を受けたのだろうという指摘記事を発見!

 

セラミック?なんじゃそりゃと思い調べてみると、まさに僕のような
部分的に歯並びをキレイにしたいという人にぴったりの治療法だということが判明。

 

アイドルや歌手がいつの間にか歯がキレイになっているのはこの治療をしたパターンが多いらしく、探せば芸能人の治療前と治療後の比較画像もたくさんの出てきました。


こうして僕はひょんなことからセラミック治療の存在を知り、ここから

 

1か月以内で病院選び~治療完了

 

までを済ませることになります。


あんなに長いこと悩んでたのに1か月以内ですよ! 

セラミックのメリット

治療前にいろいろ調べて&実際に経験してみて分かったセラミックのメリットをまとめておきます。

 

短期間で治療完了できる

歯列矯正が数年かかるのに対して、セラミックは数回の通院で治療完了できます。


僕も1か月以内(トータルで4回の通院)で治療完了しました。


早いところだと2回の通院で治療完了するらしいです。

歯列矯正より料金が安い

歯列矯正が60万円前後するのに対し、セラミックは1本7万円~15万円程度で済みます。


歯を全体的にセラミックにしたい場合は高額になりますが、僕のように前歯だけ、というような部分的な治療であれば、歯列矯正よりだいぶ安く治療できる場合がほとんどです。

 

仕上がりが自然

これはセラミックの最大の特徴でもあります。

 

本物の歯と同じじゃんってレベルの質感や透明感があります。


治療するときは自分の歯の色や透明感に合わせたセラミックを入れるため、ほぼ見分けがつきません。

 

歯茎が変色しない

差し歯治療では金属の影響で、歯茎が黒くなったり紫色になったり事があるらしいのですが、金属を使用しないセラミック治療ではその心配がありません。


ぼくは治療によって起こる歯茎の変色をすごく気にしていたので、これはかなり嬉しかったです。もちろん1年たった今もきれいなピンク色の歯茎です。

劣化が少ない

 

セラミックの素材が陶器でできているため、汚れや着色が付きづらく、ちゃんとメンテナンスしていれば、本当の歯よりもきれいな状態を長期間保つことも可能なようです。

 

金属アレルギーの人でも安心安全

治療に金属を使用しないため、金属アレルギーの人でも安心して口内に入れることができます。

セラミックのデリット

人によっては料金が高い

メリットの方でも書きましたが、歯を全体的にセラミック治療したい場合は値段が高くなります。

 

作り直しをする場合がある

もしセラミックが欠けてしまったり割れてしまった場合は、作り直しが必要な場合があります。

 

大体の歯科医院に保証期間や再度制作の場合は割引等があるので、事前にチェックしておきましょう。

 

医師によって仕上がり差がある

治療は医師の腕次第なので、仕上がりはそれに左右されます。

 

なので下に書いてますが、しっかりとした歯科医院選びが大切になります。

セラミック治療をする歯科医院を選ぶポイント

 

セラミックは、簡単に言うと本物の歯とほぼ変わらない見た目の丈夫な差し歯といったところらしいです。


ですので、基本的には虫歯や事故で本物の歯がダメになっちゃた人がセラミックを入れるってのが一般的な治療とのこと。


なので僕のような、健康な歯を削ってセラミックにしたいという人には

 

「えー!もったいないよ?歯列矯正にしたら?」

 

という具合に、治療をしたがらない歯医者さんもいます。

 

健康な歯を削ることを嫌がる歯医者

実際僕が最初にセラミックの相談に行った歯医者さんでは、


「できないこともないけど、健康な歯を削るのはなー。え!ーやんのー?」


といった感じのことを言われ、渋い顔をされました。

 


いやもうこっちはめっちゃ調べてから来てんの!!
もうやるって決めたの!!

 


歯医者さん気持ちもわかりますが、こっちも本気で悩んで下調べも十分にやったうえで足を運んでいるんです。

 

このような返答で渋られると時間の無駄だし、なにより安心して治療をお任せできません。

 

そんなことにならないためにも、最初からちゃんと


審美的な目的で健康な歯を削ってでもセラミックにしたい

 

という意思に理解がある歯科医院を選ぶ必要があります。


事前に電話やメールでその旨を伝えてから予約を取ることをおすすめします。

 


ちなみに僕は最初でそれをやらず無駄足を踏んだので、その後は電話でセラミックにしたい前歯2本の詳細を事細かに伝え、健康な歯でも治療可能か聞いてから予約しました。

 

「前歯が出っ歯ですきっ歯なんですけどー」

 

と説明するのはめっちゃ恥ずかしかったですw

 

僕が歯科医院を選ぶときに気を付けた4つのポイント

  • サイトやブログに治療事例の写真を掲載している
  • 料金が明確である
  • 健康な歯でもセラミック治療してくれる
  • 1本10万円以内


の4点を条件にして探しました。


僕のように健康な歯を削ってのセラミック治療を考えている人は、その考えに理解があり、なにより治療実績が多数ある歯科医院を選ぶことが大切です。


自分の長年のコンプレックスを解消する大事な治療となるので、いくら料金が安かろうが、距離が近かろうが、そこは妥協せず調べまくりました。


すると距離は遠いですが、条件バッチリな歯科医院を発見!

 

 

セラミックの値段も1本8,6400円で、電話での対応も親切丁寧だったので、その病院で診察を受けることにしました。

後編の予告

次回の後編では
診察~治療完了、そして治療から1年後の現在の様子をまとめていきます。

 

ビフォーアフターの写真も載せているので是非チェックしてみてください。