ライフスタイル

【朝1杯】白湯の効果がすごい!ダイエット&健康に良い万能ドリンク

おばけ
おばけ
どうも!風街おばけ(@obake_kzmc)です!

徒歩通勤を続けてみて、お金もかからず気軽にできる健康的な習慣っていいな、と思いはじめた今日この頃です。

【20分の徒歩通勤】驚きのダイエット効果&メリット・デメリット大公開!「汗・雨対策グッズ」やおすすめの靴・リュックも紹介!20分の徒歩通勤を3ヵ月続けてみて分かったことをまとめました。ダイエット効果、メリット・デメリット、汗・雨対策アイテムの紹介などもしているので、徒歩通勤について知りたい人は参考にしてください。...

そこで、そういう無理なくできる習慣をもっと増やそうと思い、手軽に始められそうな健康法はないかと調べてみたところ、衝撃の事実が…!

無意識ですが、すでに日常的にやっていたことが身体にも美容にも良い健康法として取り上げられていました。

それは、白湯(さゆ)を飲むこと。

健康的な意識からではなく、単に冷たい水を飲むのが苦手だから白湯を飲んでいたのですが、どうやら白湯は体に良いらしい。

どうせ飲むなら最適な飲み方をしようと思い、白湯について色々とまとめてみましたよ!

そもそも白湯(さゆ)とは

白湯(さゆ)とは、何も入っていないお水を沸かしただけの、お湯のことです。

ただのお湯との正確に言うと、沸騰させたお湯をスルスル飲める程度の温度まで冷ましたぬるい水のことで、別名「湯冷まし」とも呼ばれています。

1度沸騰させることによってカルキや不純物がとぶので、口当たりも柔らかくマイルドになり、飲みやすくなります。

お水(もちろん水道水でもOK)さえあればサクッと簡単に作れるものなので、とっても手軽で経済的です。

年齢や健康状態を問わずどんな人でも負担なく飲めるうえ、美容にも良い効果があるといわれているので、芸能人やモデルさんにも多く取り入れられている健康法のようです。


白湯にはどんな効果があるのか

健康面を上昇させる効果

基礎代謝&免疫力をアップさせる

白湯は温度にすると40~50℃程度の温かい飲み物なので、それを日常的に身体に取り入れることにより、内臓機能が温まり、血の巡りをよくします。

内蔵は温度が1℃上がるだけで、およそ30パーセントもの免役力が上昇し、基礎代謝も約10~12パーセントも上昇すると言われています。

白湯を習慣的に飲むだけで、基礎代謝&免疫力がアップし健康的な身体をつくることができます。

冷え症の改善

白湯を飲むことにより内臓温度を高め、血液の循環が良くなると冷え症の改善にも効果的です。

冷え性がよくなると、貧血や低血圧の改善にも繋がるほか、身体の冷えからくる寝つきの悪さにも効果があり、リラックスして深い睡眠をとることもできます。

厚着をしても身体自体が温かくならないのは、体の内側がそもそも冷えているのが原因です。

白湯を飲む習慣をつけると、身体の内部から温めることができます。

便秘の改善

温かい白湯を飲むことで水分摂取&胃腸の活性化に繋がり、食べ物の消化をサポートしてくれます。

白湯は便よりも温度が高いので、腸に入れることにより宿便が緩み便通が良くなるので、結果として便秘の改善にも効果があります。

具体的な数字で言うと、白湯を数日~1週間程度の期間飲むだけで、効果が出てくるとよく言われています。

美容面を上昇させる効果

ダイエット効果がある

白湯でのダイエットに成功した著名人は多くいて、その中でも深田恭子さんはマイナス13キロものダイエットに成功したようです。

その他にも宇多田ヒカルさんなど多くの芸能人やモデルが白湯でのダイエットに成功しているらしく白湯ダイエットは一躍有名になりました。

白湯=ダイエット効果あり、と認識している人も多くいると思います。

内蔵機能の向上、便祕の改善、デトックス効果など、白湯を飲むと得られるとされる効果を総合すると「栄養素の吸収と老廃物の排出が上手にできる身体」となります。

その結果として根本的に痩せやすい身体をつくることができます。

コストもかからず、キツイ思いをすることもなく痩せれるので最も手軽にできて続けやすいダイエット法といえるでしょう。

美肌(肌荒れやむくみ改善)に効果がある

白湯を飲むことによって、体全体を内側から温かくすることができます。

温度が上がった内蔵は血液の循環が良くなり、肌の毛細血管までしっかりと栄養や酸素を届けてくれます。

腸内環境が整うことにより肌のターンオーバーを促進し、吹き出物やニキビの改善へつ繋がります。

また、白湯には利尿作用を高める効果もあるので、尿を排出することにより肌のむくみ改善へも繋がります。

デトックス効果がある

通常のお水と違い温かい白湯は身体に受け入れられやすく、飲むことにより利尿作用や排便作用を高めることができます。

それらの作用が高まることによって身体の中から余分な老廃物を排出することができ、新陳代謝を高めることができます。

余分な老廃物がなくなると内蔵機能はさらに高まるので、老廃物を溜めこむ前に排出する身体づくりやデトックス効果を期待できます。

実際に白湯を飲んでいる僕が実感する効果

冒頭でも書きましたが、僕は冷たい水が苦手で何年も前から白湯を飲んでいます。

普段あまりジュースやお茶を飲まないので、僕がロにする飲み物は、ほぼほぼ白湯ですw(老人感)

白湯について調べてハッとしましたが、上でまとめた効果はどれも「確かに!」とう
なづけるものばかりでした。

その中でも特に強く効果を実感じたのは

  1. 便秘の改善
  2. 美肌効果
  3. ダイエット効果

の3つです。

便秘とは程遠い快便体質で、肌も周りから褒められる程度にはキレイで、太ったこともありません!….でした。

飴玉とアイスの食べ過ぎが原因で太った経験もありますがw

ガリガリ男が1年間で12キロ増!太る方法を教えます!そしてダイエットします 僕は痩せ型体系で、今まで太ったことがありません。 むしろ「ちゃんとご飯食べてる?」なんて心配される...

太ったのは明らかに暴食したのが悪いんで置いといて…。

検証的に効果を測ったわけではないので、すべてが白湯だけで得た効果ではないかもしれません。

しかし、今でこそ朝活なんてやっていますが、そんな規則正しい生活を送る前からこの3つの効果は確実にあったため、きっと白湯の影響なんだと思います。

朝活スケジュール公開!朝型生活になる方法&5つのメリット朝活のおすすめスケジュールを公開します!また、元夜型人間が教える朝型生活になる方法、実際に朝活をしてみて実感した5つのメリットをなどまとめました。...

無意識のまま1番長い期間やってきた健康法「白湯を飲むこと」のおかげで、こういった悩みとは縁遠い身体づくりができているんでしょう。

白湯の作り方(めんどくさい・手軽の2種類)や最適な温度

本格的に白湯を作りたい人(少しめんどくさいver)

水(水道水でもミネラレウォーターでもOK)をやかんや鍋に入れ、沸騰させます。

ブクブクと泡が立ったら火を弱め、10分ほどさらに沸騰させ続けます。

こうして沸騰させ続けることで、カルキや不純物をとばしてくれます。

そのお湯をコップに注ぎ、飲める程度に温度を冷まし、少しずつ飲んでいく。

本格的に白湯を作るとこんな感じになります。

でも、正直こんなの毎日やるのはめんどくさい!

ってことで、パパっと簡単に白湯を作りたい人は ↓ を参考にどうぞ!

簡単に白湯を作りたい人(お手軽ver)

  • コップに水を入れレンジで1分ほどチンする
  • 水を少し入れたコップにポットからお湯を足してブレンドする
  • 電気ポットや電気ケルト沸かす

こんな感じです!超簡単ですよね!

ちなみに僕はチンするかブレンドするかの方法で白湯を作っています。

本格的に作るのはめんどくさいのでw

簡単に作れる分、本格的な作り方と比べてカルキや不純物のとびは悪そうですが、得られる健康効果に変わりはないようです。

個人的には味もたいして変わらないんで、パパっと作っちゃう方がおすすめです。
(味音痴なだけだったらすいませんw)

どうせ毎日飲むものだし、健康のための投資として電気ケルト買うのもいいなぁと思いました。

こんなオシャレなものがあるんなら飲むのも楽しくなるそうです。

白湯の最適な温度とは

白湯の温度は40~50℃程度が理想で、ポイントとしては熱すぎず体温よりも少し熱めの温度で飲むのが最適です。


白湯の最適な飲み方や飲むタイミング

白湯の飲み方

白湯は一気にゴクゴク飲むのではなく、5~10分ほどの時間をかけてゆっくり飲むのが良いようです。

イメージとしては、ゆっくりじんわり身体の内部から温めていく感じです。

そんな時間ないって人はあまり気にせず「いつもよりはゆっくり飲む」ことを心がければOKです。

起床してすぐに飲む

朝1番が最もおすすめの白湯を飲むタイミングとなります。

量としてはコップ1杯(150~200ml程度)で充分です。

朝はお腹に中が空の状態なので吸収率が良く、白湯の効果を高めやすいと言われています。

また、朝の腸を刺激することで便通を良くする効果もあります。

食後に飲む

食後に白湯を飲むことによって内臓が内側から温まり、内臓機能を上昇させ消化をサポートしてくれます。

また、過剰に摂取しすぎた油分を流し、胸やけや胃もたれを抑える効果もあります。

僕は昼食後は会社で水とお湯をブレンドして作った白湯をちまちま飲んでいますw

就寝前に飲む

就寝前に白湯を飲み身体を温めることによって心身ともにリラックスし、質の高い睡眠が得られます。

就寝直前に飲むとトイレが近くなるので、飲む目安は就寝30分~1時間前ぐらいがいいでしょう。

1日の最適な摂取量は 800ml 程度

白湯は飲めば飲むだけ良いというものではなく、1日の最適な摂取量は800ml程度と言われています。

白湯はたくさん飲みすぎると内臓負担をかけたり、体に必要な栄養素まで流してしまう可能性があります。

デトックス効果が高いぶん、飲みすぎには注意が必要です。

アレンジして白湯をよりおいしく飲む方法

白湯は言ってしまえば、ただのぬるいお湯なので無味無臭です。

そのため「味気ない」という理由から飲み続けられない人もいるようです。

そんな人は白湯をちょこっとアレンジして、自分好みの風味にしてみてはどうでしょうか?

レモン、ショウガ、ハチミツを入れると美味しくなると人気があるようです。

レモン白湯

白湯にレモン汁を数滴たらして、よくかき混ぜれば完成。

さっぱりとした味わいになり、飲みやすくなります。

朝に飲む白湯にオススメです。

一時期「白湯レモンダイエット」がブームになった時期もありましたよね。

ショウガ白湯

ショウガは薄く切ったものでも、擦りおろしでも、チューブでもOK!

身体をポカポカと温める効果があり、夜に飲む白湯にオススメです。

風邪気味のときに飲むと回復効果もあり!

ハチミツ白湯

白湯にハチミツを適量入れ、よくかき混ぜれば完成。

甘い味わいになり、飲みやすくなります。

喉が不調なときに飲むのもオススメです!

ちなみに僕が1番好きなのはレモン白湯です。
スッキリとした味となり、飲みやすくて美味しいですよ!

白湯のダイエット&健康効果/まとめ

無料ですぐ作れるのに、こんなにも身体に良いことが詰まっている白湯。
僕もまとめていて改めてビックリしました。

白湯ってすごい!

白湯は簡単に日常に取り入れることができますし、習慣にもしやすい健康法なので非常におすすめです。

興味がある人は、ぜひ明日からやってみてはいかがでしょうか?

こんな記事もおすすめ